ウマノミツバ(馬の三葉)

多年草
北海道〜本州の山地の林内に生える。茎は高さ30〜80cm。葉は3全裂し、側小葉はさらに2裂する。茎頂に小型の散形花序を出し、中央に両性花、周辺に雄花をつける。花は白色。両性花は子房にかぎ状毛が密生する。雄花は子房がないため小さく目立たない。果実はかぎ状刺毛が密生する。花期は7〜9月。(山に咲く花)
学名は、Sanicula chinensis
セリ科ウマノミツバ属
葉のよく似たものにミツバがある。


2012年7月21日 東持田上部右の小さいのが雄花。両性花(上)と子房のない雄花(下)
ウマノミツバ ウマノミツバ ウマノミツバ
ウマノミツバ ウマノミツバ
2012年7月10日 東出雲両性花と雄花が混在する。かぎ状毛があるのは両性花。
ウマノミツバ ウマノミツバ ウマノミツバ
側小葉は2裂しないが、大きな鋸歯がある。葉身は長さ約4.5cm。葉柄の基部。
ウマノミツバ ウマノミツバ ウマノミツバ
葉裏には葉脈が隆起する。
ウマノミツバ ウマノミツバ ウマノミツバ
ウマノミツバ ウマノミツバ ウマノミツバ



2010年7月24日 八雲
ウマノミツバ ウマノミツバ ウマノミツバ
ウマノミツバ ウマノミツバ
2004年7月11日 八雲
ウマノミツバ ウマノミツバ ウマノミツバ
2005年7月17日 八雲
ウマノミツバ ウマノミツバ ウマノミツバ
2015年10月29日 果実 八雲果実は2個の分果が合わさっている。
ウマノミツバ果実 ウマノミツバ果実 ウマノミツバ果実
分果は刺を含めて長さ約4mm。分果の合生面(上)と背面(下)。分果の背面、鈎状の刺が密生する。
ウマノミツバ分果 ウマノミツバ分果 ウマノミツバ分果
分果の先端に萼片と柱頭が残る。先の曲がった鈎状の刺。分果の横断面、1個の種子がある。
ウマノミツバ分果 ウマノミツバ分果 ウマノミツバ分果
分果の中にあった種子、長さ約2.5mm。
ウマノミツバ種子 ウマノミツバ ウマノミツバ
2012年9月27日 果実 大海崎果実は2分果。上部に柱頭、基部に雄花が残る。
ウマノミツバ ウマノミツバ ウマノミツバ
果実は直径約5mm。果実は2個に分かれ、周りに鈎状の刺がある。分果の縦断面。
ウマノミツバ ウマノミツバ ウマノミツバ
分果の横断面。分果に1個の種子がある。
ウマノミツバ ウマノミツバ ウマノミツバ
ウマノミツバ ウマノミツバ ウマノミツバ
2005年9月3日 果実にはかぎ状の刺がある。 西忌部
ウマノミツバ ウマノミツバ
2004年7月24日 果実 真山2005年9月3日 果実 西忌部
ウマノミツバ ウマノミツバ
2006年10月9日 果実 八雲
ウマノミツバ ウマノミツバ
2007年6月16日 蕾 八雲西岩坂
ウマノミツバ ウマノミツバ ウマノミツバ
ウマノミツバ ウマノミツバ ウマノミツバ
2005年4月17日 朝酌和久羅山
ウマノミツバ ウマノミツバ ウマノミツバ
2011年5月7日 芽吹き 東長江子葉
ウマノミツバ ウマノミツバ ウマノミツバ
ウマノミツバ ウマノミツバ ウマノミツバ
ウマノミツバ
2012年4月14日 芽吹き 八雲側小葉が2裂する。
ウマノミツバ ウマノミツバ ウマノミツバ
ウマノミツバ ウマノミツバ ウマノミツバ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑