ツルニガクサ(蔓苦草)

多年草
日本全土の山地の木陰に生える。茎は高さ20〜40cmになる。地下に細長い走出枝を出す。葉は長さ1〜2cmの葉柄があり、長楕円形で長さ4〜10cm、全面に腺毛がある。花序は長さ3〜5cm、密に淡紅色の唇形花をつける。花冠は長さ8〜10mm。下唇は長くつきでる。上唇はごく小さい。雄しべは4個。萼は全面に腺毛があり、5裂する。花期は7〜9月。(山に咲く花)
学名は、Teucrium viscidum var. miquelianum
シソ科ニガクサ属
花のよく似たニガクサは萼に腺毛はなく、短毛がある。


2012年8月8日 大東萼や花軸、花柄に腺毛がある。
ツルニガクサ花 ツルニガクサ花 ツルニガクサ萼
ツルニガクサ萼 ツルニガクサ ツルニガクサ

>

2012年7月28日 上本庄萼や花軸、花柄に腺毛がある。
ツルニガクサ花序 ツルニガクサ花 ツルニガクサ萼
ツルニガクサ花 ツルニガクサ雌しべ ツルニガクサ萼
ツルニガクサ
2012年7月21日 鹿島
ツルニガクサ花 ツルニガクサ花 ツルニガクサ花
萼に腺毛が密生する。花軸、花柄にも腺毛が密生する。
ツルニガクサ花 ツルニガクサ萼 ツルニガクサ花軸
花柄や萼の腺毛。
ツルニガクサ花柄 ツルニガクサ花序 ツルニガクサ花序
表面に短毛がある。
ツルニガクサ葉 ツルニガクサ葉 ツルニガクサ葉
裏面の脈上に短毛がある。
ツルニガクサ葉裏面 ツルニガクサ葉裏面 ツルニガクサ茎
ツルニガクサ ツルニガクサ ツルニガクサ
2013年8月26日 果実 島根苞や花軸に腺毛がある。
ツルニガクサ果実 ツルニガクサ果実 ツルニガクサ
果実を包んだ萼は先がすぼむ。萼は長さ約3.7mm。萼に腺毛がある。
ツルニガクサ萼 ツルニガクサ ツルニガクサ萼
萼の中に分果がある。4個の分果がある。
ツルニガクサ果実 ツルニガクサ ツルニガクサ
分果は長さ約1.3mm。分果の腹面(左)と背面。
ツルニガクサ ツルニガクサ ツルニガクサ
ツルニガクサ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑