ニガクサ(苦草)

多年草
日本全土の山野のやや湿った半日陰のようなところに生える。高さ30〜70cm。地下に細長い走出枝を出す。葉は対生し、長さ5〜10cm、幅2〜3.5cmの卵状長楕円形または広披針形で、先端は鋭くとがり、ふちには不ぞろいの鋸歯がある。葉の脈は表面でへこみ、よく目立つ。枝先に長さ3〜10cmの花穂をだし、淡紅色の小さな花をつける。花冠は長さ1〜1.2cm。上唇は小さくて深く2裂する。下唇は3裂し、中央裂片が非常に大きく、舌のように垂れ下がる。上唇の裂片は下唇の側裂片にくっついているので、下唇が5裂しているように見える。雄しべと雌しべは上唇の裂け目から外につきでる。花冠にカメムシの仲間の幼虫が寄生して、虫えいになることが多い。花期は7〜9月。(野に咲く花)
学名は、Teucrium japonicum
シソ科ニガクサ属
花のよく似たツルニガクサは萼に腺毛がある。


2015年7月2日 鹿島上唇は深裂し、雄しべと雌しべがつきでる。
ニガクサ花序 ニガクサ花 ニガクサ花序
ニガクサ ニガクサ
2013年7月25日 八雲萼に腺毛はなく、短毛がある。花は萼を含めて長さ約1.1cm。
ニガクサ花 ニガクサ花 ニガクサ花
虫えいができた花序。虫えい(ニガクサツボミフクレフシ)
ニガクサ ニガクサ ニガクサ虫えい
虫えいは長さ約1cm。内部に虫が見えなかった。
ニガクサ虫えい ニガクサ虫えい ニガクサ



2014年8月2日 虫えい 美保関虫えい(ニガクサツボミフクレフシ)虫えいは長さ約0.8cm。
ニガクサ虫えい ニガクサ虫えい ニガクサ虫えい
縦断面。虫えいの形成者はいなかった。花は長さ約1cm。
ニガクサ虫えい ニガクサ花 ニガクサ花
下唇は大きく、上唇は2深裂する。花後の萼。萼は長さ約5mm。
ニガクサ花 ニガクサ萼 ニガクサ萼
萼の中に果実(分果)がある。
ニガクサ果実 ニガクサ ニガクサ
ニガクサ
2012年7月15日 美保関上唇は深く2裂し、雄しべと雌しべが出る。下唇の中央裂片は非常に大きく垂れ下がる。
ニガクサ花 ニガクサ花 ニガクサ花
花は長さ約1cm。萼には短毛がある。
ニガクサ花 ニガクサ萼 ニガクサ花
ニガクサ ニガクサ ニガクサ茎
ニガクサ ニガクサ

2011年7月13日 八雲下唇は3裂、中央裂片が大きい。上唇は小さく、深く2裂、間からしべがつきだす。
ニガクサ花 ニガクサ花 ニガクサ花
ニガクサ ニガクサ
2010年7月24日 八雲
ニガクサ花 ニガクサ花 ニガクサ花
ニガクサ花 ニガクサ葉 ニガクサ
ニガクサ ニガクサ ニガクサ
2010年11月27日 八雲
ニガクサ ニガクサ

2004年7月11日
ニガクサ花 ニガクサ花序 ニガクサ
ニガクサ

2015年9月26日 果実 鹿島
ニガクサ果実 ニガクサ ニガクサ
萼の上側、長さ約4mm。萼の下側の2裂片は細長い。萼には腺毛はない。
ニガクサ萼 ニガクサ萼 ニガクサ萼
萼の中に分果がある。分果は長さ1.3〜1.4mm。不明瞭な大きい網目模様がある。
ニガクサ果実 ニガクサ果実 ニガクサ果実
表面に微細な網目状の模様がある。
ニガクサ果実 ニガクサ果実 ニガクサ果実
分果の腹面。
ニガクサ果実 ニガクサ
2010年10月6日 花後 美保関果実は4分果。線形の小苞葉がある。
ニガクサ ニガクサ ニガクサ
葉の縁に短毛がある。
ニガクサ ニガクサ ニガクサ
脈上に小さな毛がある。
ニガクサ ニガクサ ニガクサ
ニガクサ ニガクサ
2011年7月6日 蕾 美保関
ニガクサ ニガクサ ニガクサ
ニガクサ ニガクサ ニガクサ
ニガクサ ニガクサ

2011年8月10日 花後 玉湯
ニガクサ ニガクサ花 ニガクサ
萼の奥に4分果がある。虫えい(ニガクサツボミフクレフシ)
ニガクサ果実 ニガクサ虫えい ニガクサ虫えい
虫えいの中にヒゲブトグンバイがいる。
ニガクサ虫えい ニガクサ ニガクサ
2011年7月9日 蕾 玉湯
ニガクサ ニガクサ ニガクサ
2010年11月13日 玉湯
ニガクサ ニガクサ ニガクサ
ニガクサ ニガクサ ニガクサ
ニガクサ ニガクサ ニガクサ
ニガクサ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑