ツルマサキ(蔓柾)

常緑つる性木本
 北海道〜沖縄の山野の林内に生える。各地の山野でふつうに見られる。気根をだして樹上によじ登る。樹皮は暗褐色。本年枝は緑色で丸く、こぶ状の細かい突起がある。葉は対生、まれに互性する。葉身は長さ2〜6cm、幅1.5〜3cmの楕円形または長楕円形。ふちには浅い鋸歯がある。幼木の葉は表面の脈に沿って白っぽくなる。葉柄は長さ3〜10mm。葉腋から集散花序を出し、黄緑色の小さな花を7〜15個つける。花は直径5mmほど。花弁、萼片、雄しべは4個。花盤が発達し、雄しべは花盤の縁につく。果実はさく果。直径5〜6mmの球形で10〜11月に熟す。熟すと4裂し、橙赤色の仮種皮に包まれた種子が顔をだす。花期は6〜7月。
 冬芽は、卵形。芽鱗は多数。側芽は対生する。(樹に咲く花)
学名は、Euonymus fortunei
ニシキギ科ニシキギ属


2011年6月9日 八雲
ツルマサキ花 ツルマサキ花 ツルマサキ花
ツルマサキ ツルマサキ



2008年6月15日 八雲
ツルマサキ ツルマサキ ツルマサキ
2007年5月20日 蕾 八雲
ツルマサキ ツルマサキ
2014年1月7日 果実 八雲果実は4裂し種子を出す。4裂し内曲した果皮。
ツルマサキ果実 ツルマサキ果実 ツルマサキ果皮
種子が3個のものもある。果皮が裂け、2個の種子がある。
ツルマサキ果実 ツルマサキ種子 ツルマサキ種子
種子は赤い仮種皮に包まれている。仮種皮に包まれた種子は長さ5〜6mm。仮種皮を除いた種子。
ツルマサキ種子 ツルマサキ種子 ツルマサキ種子
種子は長さ約4.2mm。種子の裏側。
ツルマサキ種子 ツルマサキ種子 ツルマサキ
ツルマサキ
2007年10月20日 若い果実 八雲葉身は長さ約5.5cm。
ツルマサキ果実 ツルマサキ葉 ツルマサキ葉
ツルマサキ葉裏面 ツルマサキ冬芽 ツルマサキ枝

幼葉はテイカカズラに似るが鋸歯がある。
ツルマサキ ツルマサキ幼葉
2006年7月9日 若い果実 八雲
ツルマサキ ツルマサキ ツルマサキ
ツルマサキ ツルマサキ
2009年3月1日 八雲葉身は長さ4〜5cm。
ツルマサキ葉 ツルマサキ葉裏面 ツルマサキ葉
冬芽

幼木の葉
ツルマサキ冬芽 ツルマサキ ツルマサキ幼葉
ツルマサキ蔓 ツルマサキ
2011年7月28日 八雲
ツルマサキ葉 ツルマサキ葉 ツルマサキ葉裏面
ツルマサキ
2007年9月15日 幼果 八雲
ツルマサキ ツルマサキ
2008年8月2日 幼果 八雲須谷成木成木の葉、葉身は長さ約5cm。
ツルマサキ ツルマサキ ツルマサキ
幼木の葉はテイカカズラに似る。幼木の葉、葉身は長さ約3cm。気根で岩に張り付く。
ツルマサキ ツルマサキ ツルマサキ
ツルマサキ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑