ツルグミ(蔓茱萸)

つる性常緑低木
関東地方以西〜沖縄の海岸や沿海地、丘陵などの林内や林縁、崖のふちなどに生える。ほかの樹木に寄りかかるようにして長くのび、高さ2〜3mになる。樹皮は灰黒色。丸い皮目があり、縦に細長い浅い割れ目ができる。枝は鈍い稜があり、赤褐色の鱗状毛が密生する。小枝は下向きにのび、これで他の樹木にからみつく。葉は互生。葉身は長さ4〜8cm、幅2.5〜3.5cmの長楕円形または卵状長楕円形。表面にははじめ銀色の鱗状毛があるが、のちに落ちて無毛になる。裏面はふつう赤褐色の鱗状毛が密生するが、ときに銀色の鱗状毛が密生し、赤褐色の鱗状毛がまじるものがある。幹が太くなり、他の木に高く登ってから花をつけるようになる。若い木は花が咲かない。葉腋に淡褐色の花が数個垂れ下がってつく。萼筒は細く。長さ4〜6mm、基部に向かってしだいに細くなる。萼筒と萼片の外面には赤褐色の鱗状毛が密生する。花柄は長さ3〜7mm、赤褐色の鱗状毛がある。果実は偽果。長さ1.5cmほどの長楕円形で、4月に赤く熟す。花期は10〜11月。(樹に咲く花)
学名は、Elaeagnus glabra
グミ科グミ属


2011年10月26日 宍道
ツルグミ花 ツルグミ花 ツルグミ萼筒
ツルグミ花 ツルグミ葉 ツルグミ葉
葉表はほとんど無毛。裏面は赤褐色の鱗状毛が密生する。
ツルグミ葉 ツルグミ葉裏面 ツルグミ葉裏面
葉裏の鱗状毛。枝に刺がある。
ツルグミ葉裏面 ツルグミ刺 ツルグミ
ナワシログミとの花の違い。ツルグミの萼筒が細い。
ツルグミ ツルグミ



2005年11月12日 運動公園
ツルグミ花 ツルグミ花 ツルグミ葉

葉裏
ツルグミ葉 ツルグミ葉裏面 ツルグミ葉裏面
ツルグミ
2006年4月22日 果実 運動公園
ツルグミ果実 ツルグミ果実
2008年3月29日 果実 八雲
裏面には赤褐色の鱗状毛が密生する。
ツルグミ果実 ツルグミ葉 ツルグミ葉裏面
ツルグミ樹皮 ツルグミ
2015年3月17日 若い果実 法吉
ツルグミ果実 ツルグミ果実 ツルグミ果実
果実は長さ約1.5cm。果実の表面の鱗状毛。未熟な種子。
ツルグミ果実 ツルグミ ツルグミ種子
葉は長さ約5cm、表面は無毛。葉の裏面は赤褐色、鱗状毛が密生する。
ツルグミ葉 ツルグミ葉裏面 ツルグミ葉裏面
鱗状毛の拡大。
ツルグミ葉裏面 ツルグミ ツルグミ樹皮
ツルグミ
2013年3月16日 果実 東持田
ツルグミ果実 ツルグミ果実 ツルグミ果実
若い果実は長さ約9mm、萼片、萼筒は長さ約8mm。果実の鱗状毛。
ツルグミ果実 ツルグミ果実 ツルグミ葉
葉は長さ約6cm、表面は無毛。葉の裏面は赤褐色。鱗状毛が密生する。
ツルグミ葉 ツルグミ葉裏面 ツルグミ葉裏面
鱗状毛の拡大。
ツルグミ葉裏面 ツルグミ葉裏面 ツルグミ
2010年2月21日 冬芽 玉湯枝が逆向き(下向き)に伸びることで他物にひっかかる。  逆枝
ツルグミ冬芽 ツルグミ枝 ツルグミ枝
ツルグミ
2007年1月21日 冬芽 運動公園
ツルグミ冬芽 ツルグミ冬芽

葉の裏面が白っぽく、雑種なのかもしれない。ナワシログミとの雑種にウラギンツルグミというものがある。
2013年3月4日 八雲裏面が白っぽい。
ツルグミ葉 ツルグミ葉 ツルグミ葉裏面
裏面の鱗状毛。
ツルグミ葉裏面 ツルグミ葉裏面 ツルグミ葉裏面
枝の鱗状毛。上はナワシログミの葉。
ツルグミ葉裏面 ツルグミ葉裏面 ツルグミ葉裏面
ツルグミ樹皮 ツルグミ ツルグミ


左がツルグミ、右がナワシログミ。中央は葉先は尖るが、少し裏に巻く感じもある。裏の色合いは右のナワシログミに似る。ナワシログミとツルグミの雑種にウラギンツルグミ(別名マルバツルグミ)というのがあるようなのだが、詳細が不明。
2005年11月12日 ツルグミ2008年3月2日 下段のもの。玉湯ナワシログミ
ツルグミ ツルグミ ナワシログミ
ツルグミ ツルグミ ナワシログミ


2010年3月20日 変わったツルグミ。 ツルグミのようだが、葉裏が白っぽい。刺が多い。玉湯
ツルグミ ツルグミ ツルグミ
ツルグミ ツルグミ
2008年3月2日 変わったツルグミ。 ツルグミのようだが、葉裏が白っぽい。刺が多い。玉湯
ツルグミ ツルグミ ツルグミ
ツルグミ ツルグミ ツルグミ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑