タムシバ(噛柴)

落葉高木
本州〜九州の山地に生える。高さ10mほどになる。樹皮は灰色〜灰褐色で無毛。葉は互生。長さ6〜12cm、幅2〜5cmの披針形または卵状披針形で、全縁。先端はとがり、基部はくさび形。質は薄い。裏面は微細な毛があり、白色を帯びる。葉柄は長さ1〜1.5cm。葉をもむと強い香りがし、かむと甘い。葉が展開する前に、直径10cmほどの芳香のある白い花が咲く。花の下に葉がない。外側の花被片3個は小さくて萼状、内側の6個は花弁状。雄しべと雌しべは多数あり、らせん状に花床につく。果実は袋果が集まった集合果。長さ7〜8cmのこぶし状の長楕円形。10月頃に熟すと、背面が割れ、白状の珠柄の先に赤い種子がぶらさがる。種皮の外層は赤色、中層は肉質、内層は黒くてかたい。花期は4〜5月。
冬芽の芽鱗は托葉2個と葉柄が合着したキャップ状。花芽は大きく長さ1.7〜2cmの長卵形、長い軟毛におおわれる。葉芽は小さくて無毛。葉痕はV字形で、枝を一周する托葉痕が目立つ。(樹に咲く花)
学名は、Magnolia salicifolia
モクレン科モクレン属
コブシと似ているが、タムシバは花の下に葉がなく、葉はコブシより薄く、裏面が白っぽいことなどで区別する。


2011年4月9日 玉湯雌しべの集まりを雄しべが取り囲む。
タムシバ花 タムシバ花 タムシバ花
花の下に葉がつかない。
タムシバ花 タムシバ花 タムシバ花
タムシバ花 タムシバ



2016年4月2日 玉湯多数の雌しべの周りを雄しべが囲んでいる。キャップがまだ取れていない花。
タムシバ花 タムシバ花 タムシバ花
タムシバ
2009年3月28日 玉湯花の下に葉がない。
タムシバ花 タムシバ花 タムシバ花
タムシバ タムシバ樹皮 タムシバ
2001年4月7日 西忌部
タムシバ タムシバ
2009年3月20日 東忌部
タムシバ タムシバ タムシバ
2016年7月24日 果実 玉湯
タムシバ果実 タムシバ果実 タムシバ
2011年7月9日 果実 玉湯
タムシバ果実 タムシバ果実 タムシバ果実
タムシバ
2016年7月6日 果実 東出雲長さは約3cm。
タムシバ果実 タムシバ果実 タムシバ果実
2006年8月28日 丸倉山葉の裏面は白色を帯びる。
タムシバ花芽 タムシバ葉 タムシバ葉裏面
タムシバ タムシバ樹皮 タムシバ樹皮
2011年2月26日 花芽(冬芽) 玉湯葉芽(冬芽) 玉湯
タムシバ花芽 タムシバ花芽 タムシバ葉芽
タムシバ葉痕 タムシバ冬芽 タムシバ冬芽
タムシバ樹皮 タムシバ
2007年12月8日 冬芽 八雲
タムシバ冬芽 タムシバ冬芽 タムシバ黄葉
タムシバ黄葉裏面 タムシバ枝 タムシバ樹皮
タムシバ
2006年5月28日 佐草葉の裏面は白色を帯びる。
タムシバ葉 タムシバ葉 タムシバ葉裏面
タムシバ冬芽 タムシバ樹皮 タムシバ
2008年3月29日 花芽 八雲葉芽葉痕はV字形。
タムシバ花芽 タムシバ冬芽 タムシバ葉痕
タムシバ タムシバ樹皮
2007年5月4日 大山
タムシバ タムシバ
2005年5月5日 大山2004年5月1日 大山
タムシバ タムシバ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑