タカサブロウ(高三郎)

1年草
本州〜沖縄のやや湿り気のある道ばたなどに生える。高さは20〜70cm。茎や葉には剛毛があってざらざらする。葉は対生し、長さ3〜10cm、幅0.5〜2.5cmの披針形。頭花は直径約1cmで、まわりに白色の舌状花が2列に並び、内側に緑白色の筒状花がつく。そう果には冠毛はなく、水に流されて散布される。舌状花のそう果は3稜形、筒状花のそう果はやや扁平な4稜形。別名モトタカサブロウ。花期は8〜9月。(野に咲く花)
学名は、Eclipta thermalis
キク科タカサブロウ属
よく似たアメリカタカサブロウは、葉が細く果実に翼がない。
似た花の比較


2012年8月12日 東出雲
タカサブロウ花 タカサブロウ花 タカサブロウ花
果実の周囲に翼(若い果実では白色)がある。
タカサブロウ果実 タカサブロウ果実 タカサブロウ果実
タカサブロウ タカサブロウ葉 タカサブロウ葉
タカサブロウ葉裏面 タカサブロウ葉裏面 タカサブロウ茎
花のついていない若い株
タカサブロウ タカサブロウ タカサブロウ
タカサブロウ



2011年9月7日 西谷舌状花(雌性)
タカサブロウ花 タカサブロウ花 タカサブロウ舌状花
筒状花(両性)
タカサブロウ筒状花 タカサブロウ花 タカサブロウ花序
集合果果実の周りに翼がある。
タカサブロウ果実 タカサブロウ果実 タカサブロウ葉
タカサブロウ葉 タカサブロウ葉 タカサブロウ葉裏面
タカサブロウ茎 タカサブロウ
2015年10月3日 西谷集合果は直径約1.3cm。
タカサブロウ果実 タカサブロウ果実 タカサブロウ果実
果実は長さ約3mm、縁は翼状になる。
タカサブロウ果実 タカサブロウ果実 タカサブロウ果実
果実の側面の中央部にうね状の突起がある。果実の縁は平滑。果実の上面は偏平な菱形、縁が翼になる。
タカサブロウ果実 タカサブロウ果実 タカサブロウ果実
果実の上面に冠毛がある。果実の側面の稜。
タカサブロウ果実 タカサブロウ果実 タカサブロウ
2005年10月1日 乃白果実のまわりに翼がある。
タカサブロウ タカサブロウ タカサブロウ
アメリカタカサブロウは翼がない。
アメリカタカサブロウ タカサブロウ タカサブロウ
タカサブロウ タカサブロウ タカサブロウ
2004年8月21日 西忌部果実の回りに翼がある。
タカサブロウ タカサブロウ タカサブロウ
2003年9月15日 佐草2003年9月23日 (果実)乃白
タカサブロウ タカサブロウ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑