スズメノヤリ(雀の槍)


多年草
北海道〜九州の海岸から山地にかけて、草地にごくふつうに生える。茎は高さ10〜30cmになる。根生葉は長さ7〜15cm、幅2〜6mmの線形〜広線形で、縁には白色の長い毛がある。茎葉は2〜3個。茎の先に赤褐色の花が多数集まった卵球形の頭花をふつう1個、まれに2〜3個つける。花被片は広披針形、長さ2.5〜3mm。雄しべは6個あり、花被片より短い。花糸はごく短く、葯が目立つ。雌しべ先熟で、3個の柱頭が受粉したあと花被片が開き、雄性期に移る。さく果は褐色で花被片とほぼ同長。種子には種子の半分ほどの大きさの白い種枕がある。花期は4〜5月。(野に咲く花)
学名は、Luzula capitata
イグサ科スズメノヤリ属


2014年4月19日 雌性期 東出雲花被片が閉じたまま、3裂した柱頭が出る。頭花は長さ約1cm。
スズメノヤリ雌性期 スズメノヤリ雌性期 スズメノヤリ雌性期
花被片は長さ約3mm。花被片を開くと3裂した雌しべが見える。
スズメノヤリ スズメノヤリ スズメノヤリ
雌性期には葯はまだ開いていない。
スズメノヤリ
雄性期雌しべが受粉すると、雄しべが成熟する。
スズメノヤリ雄性期 スズメノヤリ雄性期 スズメノヤリ雄性期
雄性期には花被片が開き、花粉がでる。花は直径約5mm、雄しべが6個ある。
スズメノヤリ雄性期 スズメノヤリ雄性期 スズメノヤリ雄性期
雄性期には雌しべはしなびている。
スズメノヤリ スズメノヤリ
頭花は1個に見えるが枝を分けて3個ある。はっきり3個あるもの。4個あるもの。
スズメノヤリ スズメノヤリ スズメノヤリ
葉の縁に長白毛が多い。
スズメノヤリ スズメノヤリ スズメノヤリ



2014年4月23日 伊勢宮頭花は1〜数個つける。
スズメノヤリ スズメノヤリ スズメノヤリ
2011年4月17日 玉湯
スズメノヤリ スズメノヤリ スズメノヤリ
スズメノヤリ スズメノヤリ スズメノヤリ
スズメノヤリ スズメノヤリ スズメノヤリ
2009年4月19日 宍道
スズメノヤリ スズメノヤリ スズメノヤリ
スズメノヤリ スズメノヤリ
2007年4月8日 枕木葉のふちには長毛がある。
スズメノヤリ スズメノヤリ スズメノヤリ
スズメノヤリ
2004年3月27日 北堀
スズメノヤリ スズメノヤリ スズメノヤリ
スズメノヤリ
2012年4月24日 蕾 八雲
スズメノヤリ スズメノヤリ スズメノヤリ
スズメノヤリ
2014年5月11日 裂開した果実 玉湯果実には3個の種子がある。
スズメノヤリ果実 スズメノヤリ果実 スズメノヤリ果実
種子は長さ約1.2mm、下部に種枕がつく。種子の腹面、白い筋がある。種子の背面。
スズメノヤリ種子 スズメノヤリ種子スズメノヤリ種子
スズメノヤリ果序 スズメノヤリ果序 スズメノヤリ
2014年4月26日 果実 宍道果実は3稜がある。
スズメノヤリ果実 スズメノヤリ果実 スズメノヤリ果実
頭花は2〜4個のものもある。果実は花被片とほぼ同長。
スズメノヤリ果実 スズメノヤリ果実 スズメノヤリ果実
果実は長さ約2.5mm。乾燥した果皮が3裂した。若い3個の種子がある。
スズメノヤリ果実 スズメノヤリ果実 スズメノヤリ果実
種子の下側に種枕がつく。若い種子は種枕を含めて長さ約1.7〜2mm。種枕を含めて長さ約1.7mm。
スズメノヤリ種子 スズメノヤリ種子 スズメノヤリ種子
種枕を除いた種子、長さ約1.2mm。頭花の数は変異がある。
スズメノヤリ種子 スズメノヤリ スズメノヤリ
スズメノヤリ
2010年5月15日 果実 玉湯
スズメノヤリ スズメノヤリ スズメノヤリ
スズメノヤリ スズメノヤリ スズメノヤリ
2010年5月15日 果実の殻 大井
スズメノヤリ スズメノヤリ スズメノヤリ
スズメノヤリ
2012年3月14日 幼苗 玉湯葉の縁には白い長毛がある。
スズメノヤリ スズメノヤリ スズメノヤリ
スズメノヤリ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑