サワトウガラシ(沢唐辛子)

1年草
北海道〜沖縄の池や沼のほとりの湿地に多い。茎は基部で分枝し高さ10〜20cm、時に基部は倒れて地上を這う。葉は長さ7〜10mmで細く先はとがる。花は10〜15mmの柄があり、萼はほとんど基部まで5裂し長さ4〜6mm。花冠は2唇形で下唇の中央裂片は特に大きくて2裂する。雄しべは2本で前の2本は仮雄しべとなる。時に葉腋に無柄の閉鎖花をつける。さく果は長楕円形、長さ約3mmで萼より短い。種子は長さ0.5mmで網紋がある。花期は8〜10月。(原色日本植物図鑑)
学名は、Deinostema violaceum
オオバコ科サワトウガラシ属
似たものにマルバノサワトウガラシがあり、葉幅が広く卵円形となり、種子の網目模様が浅い。


2013年10月1日 八雲
サワトウガラシ花 サワトウガラシ花 サワトウガラシ花
花は長さ約6mm。花の幅は約6mm。
サワトウガラシ花 サワトウガラシ花 サワトウガラシ花
閉鎖花の果実、果柄がない。閉鎖花の果実は線形の長い萼に包まれている。
サワトウガラシ果実 サワトウガラシ果実 サワトウガラシ果実
果実は長さ約3mm。種子。種子は長さ0.5〜0.55mm。
サワトウガラシ果実 サワトウガラシ種子 サワトウガラシ種子
種子の表面には格子模様がある。種子の比較。
サワトウガラシ種子 サワトウガラシ種子 サワトウガラシ種子
果実の先端にキャップ状のものがある。キャップ(開かなかった花冠?)を除くと柱頭をつけた果実がある。
サワトウガラシ果実 サワトウガラシ果実 サワトウガラシ
葉は長さ約1cm。葉の裏面。茎の下部には閉鎖花を多数つける。
サワトウガラシ葉 サワトウガラシ葉裏面 サワトウガラシ
サワトウガラシ



2010年10月16日 八雲
サワトウガラシ花 サワトウガラシ花 サワトウガラシ花


果実
サワトウガラシ花 サワトウガラシ花 サワトウガラシ果実

線状披針形の葉を対生する。
サワトウガラシ果実 サワトウガラシ葉 サワトウガラシ
サワトウガラシ サワトウガラシ
2015年10月17日 果実 八雲
サワトウガラシ果実 サワトウガラシ果実 サワトウガラシ果実
萼を除いた果実、長さ約2.3mm。種子は長さ約0.5mm。表面に網目模様がある。
サワトウガラシ果実 サワトウガラシ種子 サワトウガラシ種子
サワトウガラシ サワトウガラシ サワトウガラシ
2005年9月25日 宍道
サワトウガラシ サワトウガラシ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑