マルバノサワトウガラシ(丸葉沢唐辛子)

1年草
本州〜九州の水田や湿地に生える。茎は直立して軟弱で高さ10〜18cm。葉は柄がなく卵円形で長さ5〜8mm、幅3〜6mm。花は長さ1〜2cmの柄がある。萼は長さ3〜4mmでほとんど基部まで5裂し、裂片は線状披針形。小苞はない。花冠は2唇形で下唇は大きくその中裂片は2裂する。雄ずいは2本で花糸はねじれ、葯には毛があり、前側の2本は小さい仮雄ずいとなっている。さく果は楕円形で萼より短く、種子は長さ0.5mmで網紋がある。花期は7〜9月。(原色日本植物図鑑)
学名は、Deinostema adenocaulum
オオバコ科サワトウガラシ属
似たものにサワトウガラシがあり、葉が細く先がとがり、種子の網目模様が明瞭。



2015年10月17日 八雲卵円形の葉が対生する。

マルバノサワトウガラシ

マルバノサワトウガラシ

マルバノサワトウガラシ

果実は線形の萼裂片に囲まれる。萼裂片に腺毛がある。果柄に腺毛がある。

マルバノサワトウガラシ果実

マルバノサワトウガラシ萼

マルバノサワトウガラシ果柄

果実は長さ約1.3mm。種子は長さ0.6〜0.7mm。サワトウガラシより細く、網紋の彫りが浅い。

マルバノサワトウガラシ果実

マルバノサワトウガラシ種子

マルバノサワトウガラシ種子

種子の表面に網目模様がある。種子の比較。

マルバノサワトウガラシ種子

マルバノサワトウガラシ種子

マルバノサワトウガラシ

マルバノサワトウガラシ

マルバノサワトウガラシ




島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑