ササクサ(笹草)

多年草。
関東以西〜沖縄の林地に生育し、散生する。茎は高さ40〜90cm、根茎は短い。茎は直立してまばらに叢生し平滑。葉は長さ10〜30cm、幅2〜4cm、茎の上部に数個つき、長楕円状披針形をしてササの葉に似ており、基部は丸く先は次第にとがり、質は薄く緑色・無毛。葉舌は短く切形。葉柄は長さ5〜7mm。花序は大きく円錐形、長さ20〜30cm、枝はまばらに出て偏側的に小穂がつく。小穂は細長い披針形をして背面はふくらまず、長さ7〜8mm、緑色を帯び、無毛又はまばらな毛があり、2個の苞穎と完全な第1小花及びその上部にある数個の不完全小花からなる。果実は細長い楕円形。花期は8〜9月。(日本イネ科植物図譜)
学名は、Lophatherum gracile
似たものにトウササクサがあるが、小穂は枝に密につき狭卵形で両性小花の護穎の背が膨らむ。
イネ科ササクサ属


2015年10月3日 西長江小穂は枝にまばらにつく。
ササクサ ササクサ ササクサ
花序は長さ約25cm。
ササクサ ササクサ ササクサ
小穂は芒を含めて長さ約1cm。小穂は細い披針形。小穂の先には不完全小花の芒が集まる。
ササクサ小穂 ササクサ小穂 ササクサ芒
芒には下向きの刺がある。花序枝には上向きの刺がある。小穂の基部に毛がある。護穎の背は膨らまない。
ササクサ芒 ササクサ花序枝 ササクサ小穂
小穂には1個の完全小花と枝の先に数個の不完全小花がある。不完全小花、護穎の先に芒がある。
ササクサ小穂 ササクサ小穂 ササクサ不完全小花
不完全小花は護穎と内穎があるだけ。両性小花の果実が大きくなっている。
ササクサ不完全小花 ササクサ両性花 ササクサ葉
葉脈は横の小脈で結ばれて格子状になる。(透過光)。高さは約80cm。
ササクサ葉脈 ササクサ ササクサ
ササクサ



2013年10月31日 大東花序軸には上向きの刺がある。
ササクサ ササクサ ササクサ
小穂は長さ約1cm。2個の苞穎を除いた小穂。
ササクサ ササクサ ササクサ
護穎の中に穎果と数個の不完全小花がある。穎果。柄の先に不完全小花がある。
ササクサ ササクサ ササクサ
不完全小花は数個ある。不完全小花の護穎の先は芒となる。芒には下向きの刺がある。
ササクサ ササクサ ササクサ
ササクサ ササクサ ササクサ
ササクサ ササクサ
2009年9月5日 玉湯
ササクサ ササクサ ササクサ
苞穎が2個ある。護穎の中に小花がある。護穎の中に完全な第1小花と中から伸びる柄の先に不完全小花が数個ある。
ササクサ ササクサ ササクサ
第1小花。数個の不完全小花の護穎の先に芒がある。
ササクサ ササクサ ササクサ
ササクサ ササクサ ササクサ
ササクサ ササクサ
2006年10月9日 小穂には刺のある芒がある。 八雲
ササクサ ササクサ ササクサ
笹に似た葉をつける。
茎の葉は少ない。
ササクサ ササクサ ササクサ
2010年8月18日 八雲
ササクサ ササクサ ササクサ
ササクサ ササクサ ササクサ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑