トウササクサ(唐笹草)

多年草。
北陸以西〜九州の森林地帯の林床に生育し、散生する。茎は高さ60〜80cm。茎は柔らかく無毛、直立・叢生する。葉は長さ10〜20cm、幅1.5〜4cm、4枚くらい茎の上部につき、ササの葉に似て長楕円形、基部は丸く、先は次第にとがり、質は薄く緑色・無毛。葉鞘は無毛、長さ10〜20cm。花序は大きく、まばらな円錐形、長さ20〜25cm、各枝に小穂を偏側的につける。小穂は狭卵形、やや偏平、まばらな毛を生じ、長さ8〜8.5mm、両性小花の護穎は広卵形、背面は膨出。果実は長楕円状紡錘形、側面は狭倒卵形、茶褐色、光沢があり長さ3.5mm。花期は8〜9月。(日本イネ科植物図譜)
学名は、Lophatherum sinense
葉鞘は開出した毛を散生するか、無毛とされ、無毛のものは品種ケナシトウササクサ(Lophatherum sinense f. leiophyllum)として分ける場合がある。
似たものにササクサがあるが、小穂が枝にまばらにつき、挟披針形。
イネ科ササクサ属


2015年9月19日 八雲小穂は枝の片側に密につく。
トウササクサ花序 トウササクサ花序 トウササクサ花序
茎の先に長い花序をだす。花序は長さ約40cm。
トウササクサ花序 トウササクサ花序 トウササクサ花序
下部の枝は長さ約10cm。小穂は枝の片側に並ぶ。小穂は芒を含めて長さ約10mm。
トウササクサ花序枝 トウササクサ小穂 トウササクサ小穂
小穂の先に不完全小花の護穎の芒が集まる。芒には下向きの刺があり衣服などにつく。両性小花(第1小花)の護穎の背は膨らむ。
トウササクサ芒 トウササクサ芒 トウササクサ小穂
第1小花は完全な花だが、柄の先の6個の小花は不完全。不完全小花は護穎と内穎だけで花がない。花序軸には上向きの小刺がありざらつく。
トウササクサ小穂 トウササクサ トウササクサ花序軸
葉は長さ約20cm。
トウササクサ葉 トウササクサ葉 トウササクサ葉裏面
葉脈は横の小脈で結ばれて格子状になる。(透過光)葉鞘は無毛。葉は葉鞘との間に柄がある。
トウササクサ葉脈 トウササクサ葉鞘 トウササクサ葉鞘
花序の先までは長さ約110cm。
トウササクサ トウササクサ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑