サンショウソウ(山椒草)

多年草
関東地方以西〜沖縄の山地の陰湿地に生える。茎は地をはい長さ10〜30cm、分枝して密に短毛がある。葉は互生、斜倒卵形、長さ0.8〜2cm、ふちに4〜5の鈍鋸歯があり、表面に短毛があるが少ない裏面は脈に沿って曲がった密毛がある。托葉は線形長さ1mm。葉柄は1.5〜2mm。雌雄異株。雄花序は葉腋からでて1.2〜1.5cmの柄があり、集散状。苞は披針形。花被片は4、円形で頂に角がある。雄しべは4。雌花序は葉腋にでて柄は0〜5mm、球状の集散花序。苞は披針形で離生。雌花の花被片は5、線状披針形、不同長。果実は楕円形長さ0.8mm、いぼ状突起が多い。花期は4〜6月。(原色日本植物図鑑)
学名は、Pellionia minima
イラクサ科サンショウソウ属
「広島の山野草」では、”雌雄同株または異株”とある。また、「雄花序はまれにしか出ないが、最上部の葉腋から出て集散状で、長い柄があり、」(コトバンク「日本大百科全書」)とある。
似たものに葉が2〜5cmのオオサンショウソウがある。


まだ雄株(雄花)が見つけられずにいる。
2013年5月6日 雌株 八雲雌花序は葉腋に無柄で雌花が頭状に集まる。
サンショウソウ サンショウソウ雌花 サンショウソウ雌花
刺状に見えるのは花被片。5個の花被片の中に子房と柱頭がある。1個の雌花、花被片は長さ約2mm。
サンショウソウ雌花 サンショウソウ雌花 サンショウソウ雌花
5個の花被片。花被片の中に子房と柱頭がある。葉柄基部に托葉があり、雌花序に短柄がある。
サンショウソウ雌花 サンショウソウ雌花 サンショウソウ托葉
托葉の拡大。茎に微毛がある。
サンショウソウ托葉 サンショウソウ サンショウソウ
サンショウソウ



2013年3月24日 雌株 八雲雌花。
サンショウソウ サンショウソウ雌花 サンショウソウ雌花
葉は長さ約2cm、表面(上)、裏面(下)。表面には長さ約0.3mmの毛がある。
サンショウソウ葉 サンショウソウ葉 サンショウソウ葉
裏面は葉脈に毛が見える他は目立つ毛はない。茎に微毛が密生する。
サンショウソウ葉裏面 サンショウソウ葉裏面 サンショウソウ茎
サンショウソウ茎 サンショウソウ
2012年4月24日 雌株 八雲雌花序は無柄で葉腋につく。
サンショウソウ雌花 サンショウソウ雌花 サンショウソウ雌花
葉先は尖らず、長さ約1cm。
サンショウソウ葉 サンショウソウ葉裏面 サンショウソウ
サンショウソウ サンショウソウ
2005年4月30日 雌株 八雲葉の先が丸い。
サンショウソウ雌花 サンショウソウ葉 サンショウソウ
2005年4月24日 八雲
サンショウソウ サンショウソウ サンショウソウ
サンショウソウ
2014年6月15日 果実 八雲
サンショウソウ果序 サンショウソウ果序 サンショウソウ果実
果実は刺状の花被に包まれる。果実は長さ約1mm。
サンショウソウ果実 サンショウソウ果実 サンショウソウ果実
果実はいぼ状突起があり、種子が1個入る。種子は長さ約0.7mm
サンショウソウ果実 サンショウソウ種子 サンショウソウ
サンショウソウ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑