オオサンショウソウ(大山椒草)

多年草
本州〜九州の山地の陰湿地に生える。茎は長く地をはって根を出し、ほとんど無毛またはごく小さい毛がある。葉は互生、斜卵形、鋭頭または鋭尖頭鈍端、4〜5個の鈍鋸歯があり、長さ2〜4.5cm、表面緑色、ごく少ない毛があり、裏面緑白、脈上にごく小さい毛がある。葉柄は2〜3mm。托葉は線形、長さ3mm。雌雄同株。雄花序は集散花序で、柄は長さ2cm、雄花の花被片は4個で、頂に角がある。雄しべは4個。雌花序は葉腋にでて、柄は0〜4mm、球状の集散花序、苞は披針形、離生。果実は楕円形、長さ0.8mm、いぼ状突起が多い。花期は4〜5月。(原色日本植物図鑑)
学名は、Pellionia radicans
イラクサ科サンショウソウ属
似たものに葉の長さ1〜3cmのサンショウソウがある。


2014年5月17日 雄花 宍道雄花の側面。花被片の突起が長い。
オオサンショウソウ雄花 オオサンショウソウ雄花 オオサンショウソウ雄花
雄花は直径約4mm、花被片4個、雄しべは4個。5個の花被片と5個の雄しべがあるもの。
オオサンショウソウ雄花 オオサンショウソウ雄花 オオサンショウソウ雄花序
雌花序は雌花が頭状に集まる。毛状のものは雌花の花被片。雌花は苞に包まれている。
オオサンショウソウ雌花序 オオサンショウソウ雌花序 オオサンショウソウ雌花序
苞は披針形。若い果実。5個の花被片は不同長、1〜3mm。未熟な果実。
オオサンショウソウ苞 オオサンショウソウ雌花 オオサンショウソウ果実
未熟な果実は長さ約0.9mm、いぼ状突起があり種子が1個入る。未熟な種子、長さ約0.6mm。
オオサンショウソウ果実 オオサンショウソウ種子 オオサンショウソウ
葉は長さ約3.5cm、先が尖る。葉の裏面。茎はほとんど無毛。
オオサンショウソウ葉 オオサンショウソウ葉裏面 オオサンショウソウ茎
オオサンショウソウ



2011年5月14日 雄株 宍道開きかけた雄花。花被片の突起が長い。
オオサンショウソウ雄花 オオサンショウソウ雄花 オオサンショウソウ雄花
雌花雌雄同株。
オオサンショウソウ雄花 オオサンショウソウ雌花 オオサンショウソウ
葉の先端がとがる。短毛が散生する。葉裏は無毛。茎はほとんど無毛。
オオサンショウソウ葉 オオサンショウソウ葉 オオサンショウソウ葉裏面
オオサンショウソウ オオサンショウソウ
2015年5月25日 若い果実 宍道果実は線状の花被片に包まれている。
オオサンショウソウ オオサンショウソウ オオサンショウソウ
花被片は長さ1.5〜2mmの不同長。
オオサンショウソウ オオサンショウソウ オオサンショウソウ
果実は長さ約1mm。果実の表面にこぶ状の突起がある。果実に1個の種子がある。
オオサンショウソウ オオサンショウソウ オオサンショウソウ
種子は長さ約0.6mm。
オオサンショウソウ オオサンショウソウ オオサンショウソウ
オオサンショウソウ
2007年6月2日 雌株 宍道葉先が尖りぎみになる。葉の長さが4.5cm程度ある。
オオサンショウソウ雌花 オオサンショウソウ葉 オオサンショウソウ葉
オオサンショウソウ茎 オオサンショウソウ
2005年5月21日 雌株 宍道
オオサンショウソウ雌花 オオサンショウソウ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑