サンカクイ(三角葦)

多年草
北海道〜九州の池や川の周辺の湿地に多い。植物体は叢生せず、長く横に這う匍匐根茎がある。稈は高さ50〜100cm、横断面は鋭3稜形。花序は束生、4〜10個の小穂からなり、短い柄を持つものと持たないものがある。苞葉の葉身は稈に続き、長さ2〜5cm。小穂は卵形、長さ7〜12mm、茶褐色。鱗片は広倒卵形、長さ約4mm、円頭、上部の縁はざらつく。そう果は倒卵形、長さ2〜2.5mm、横断面はレンズ形。刺針状花被片は3〜5個、そう果とほぼ同長またはやや長く、下向きにざらつく。柱頭は2個。花期は7〜10月。(岡山県カヤツリグサ科植物図譜)
よく似たカンガレイは、株状になり、花序に枝がない。
学名は、Schoenoplectus triqueter
カヤツリグサ科フトイ属


2009年9月5日 西嫁島柱頭は2岐する。
サンカクイ サンカクイ サンカクイ
短いが柄がある。
サンカクイ サンカクイ



2009年6月20日 西嫁島花序に柄がある。
サンカクイ サンカクイ サンカクイ
葉鞘の先に短い葉身がある。
サンカクイ サンカクイ
2009年5月31日 西嫁島
サンカクイ サンカクイ サンカクイ
サンカクイ サンカクイ サンカクイ
サンカクイ
2012年6月26日 西嫁島花序に柄がある。
サンカクイ サンカクイ サンカクイ
サンカクイ サンカクイ サンカクイ
サンカクイ サンカクイ サンカクイ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑