カンガレイ(寒枯藺)

多年草
北海道〜九州の池沼などの湿地に多い。植物体は叢生し、ときに短い横走根茎を持つ。稈は高さ50〜120cm、横断面は鋭3稜形、平滑、濃緑色。花序は側生し、無柄の小穂が4〜20個集まって頭状をなす。苞葉の葉身は稈に続き、長さ3〜10cm、斜上する。小穂は長卵形、長さ1〜2cm、鋭頭、淡緑色。鱗片は密に圧着し、卵形、長さ4〜5mm、上部の縁はざらつく。葯は線形で長さ約2.5mm。そう果は広倒卵形長さ2〜2.5mm、横断面は扁3稜形。刺針状花被片は5〜6本、長さはそう果の1.5〜2倍、下向きにざらつく。柱頭は3個。花期は7〜10月。(岡山県カヤツリグサ科植物図譜)
学名は、Schoenoplectus triangulatus
カヤツリグサ科フトイ属
よく似たサンカクイは、花序に柄がある。


2015年10月10日 大東小穂には柄がない。
カンガレイ カンガレイ カンガレイ
小穂は長さ約15mm。柱頭は3岐する。鱗片は長さ約5.5mm、先は短い芒となる。
カンガレイ小穂 カンガレイ鱗片 カンガレイ鱗片
鱗片の上縁に歯牙状の突起が並ぶ。刺針状花被片は果実の長さの2倍程度。刺針状花被片には下向きの刺がある。
カンガレイ鱗片 カンガレイ果実 カンガレイ果実
果実は長さ約2.2mm。茎は鋭3稜形。茎の横断面。
カンガレイ果実 カンガレイ茎 カンガレイ茎
茎の縦断面。
カンガレイ茎 カンガレイ茎 カンガレイ
茎の高さは約1m。
カンガレイ カンガレイ



2012年9月20日 東出雲小穂には柄がない。
カンガレイ カンガレイ カンガレイ
茎の先に短い苞がつく。小穂は長さ約1.8mm。果実は長さ約2mm。
カンガレイ カンガレイ カンガレイ
刺針状花被片は果実より長く、刺がある。柱頭は3岐する。
カンガレイ カンガレイ カンガレイ
茎の横断面。鋭い3稜がある。茎の縦断面。
カンガレイ カンガレイ カンガレイ
カンガレイ カンガレイ
2005年7月10日 東忌部
カンガレイ カンガレイ カンガレイ
2006年8月14日 東忌部
カンガレイ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑