オオツルウメモドキ(大蔓梅擬き)

落葉つる性木本
関東地方以西〜九州の山野の林縁に生える。樹皮は灰色。本年枝ははじめ黄緑色で短毛が散生するが、しだいに赤褐色に変わり、毛は落ちる。葉は互生. 葉身は長さ4〜10cm、幅2〜8cmの円形または広楕円形。縁には浅い鋸歯がある。表面は無毛。裏面の脈沿いには白色または淡褐色の縮れた毛が密生する。葉柄は長さ1〜2cm。雌雄別株。葉腋から集散花序を出し、直径6〜8mmの黄緑色の花をつける。花柄や萼に短毛がある。果実は朔果。直径5〜6mmの球形。9〜11月に黄色に熟し、3裂して、橙赤色の仮種皮に包まれた種子を出す。花期は5〜6月。
冬芽は円錐形。長さ2〜3mm。外側の芽鱗はかたくなってやや刺状になる。(樹に咲く花)
学名は、Celastrus stephanotifolius
ニシキギ科ツルウメモドキ属
 よく似たツルウメモドキは葉裏脈上に毛がない。オニツルウメモドキは裏面脈上に畝状隆起と突起毛がある。


2010年5月30日 島根
オオツルウメモドキ オオツルウメモドキ オオツルウメモドキ
裏面の脈上に毛が密生する。
オオツルウメモドキ オオツルウメモドキ オオツルウメモドキ



2009年6月27日 幼果 島根
オオツルウメモドキ オオツルウメモドキ オオツルウメモドキ
葉裏の脈上に毛が多い。
オオツルウメモドキ オオツルウメモドキ オオツルウメモドキ
葉裏の葉面にも毛がある。
オオツルウメモドキ オオツルウメモドキ オオツルウメモドキ
オオツルウメモドキ オオツルウメモドキ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑