オニツルウメモドキ(鬼蔓梅擬き)

落葉つる性木本
北海道〜中部地方以北の山野に生え、雌雄異株。葉は互生し、長さ5〜10cmの倒卵形〜楕円形で先は急にとがり、鈍い鋸歯。両面とも無毛。葉裏脈上に畝状の隆起と突起毛がある。葉腋から短い集散花序を出し、黄緑色の小さい花を10数個つける。花弁は5個あり、卵状長楕円形。実の先端には花柱が残存し、黄色く熟すと3つに裂け、中の黄赤色の実が現れる。花期は5〜6月。
学名は、Celastrus orbiculatus var. strigillosus
ニシキギ科ツルウメモドキ属
 葉裏の脈状に毛があるものをオオツルウメモドキという。基本種のツルウメモドキは脈上は無毛。


北日本や高所に分布とされるが、平地にあり葉裏脈上に弱いながら畝状隆起と突起毛がある。
2010年5月28日 雌花 玉湯
オニツルウメモドキ オニツルウメモドキ オニツルウメモドキ
裏面主脈上の畝状隆起と突起毛。
オニツルウメモドキ オニツルウメモドキ オニツルウメモドキ
オニツルウメモドキ



2011年6月23日 果実 東長江
オニツルウメモドキ オニツルウメモドキ オニツルウメモドキ
裏面の脈上に畝状の隆起がある。
オニツルウメモドキ オニツルウメモドキ オニツルウメモドキ
オニツルウメモドキ オニツルウメモドキ
2011年5月2日 枕木裏面の脈上に畝状の隆起がある。
オニツルウメモドキ オニツルウメモドキ オニツルウメモドキ
オニツルウメモドキ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑