オオバノアマクサシダ(大葉の天草羊歯)

常緑性シダ植物
関東地方以西〜九州の湿気た林床に生える。高さは70〜150cm。葉柄は薄緑色で、基部鱗片は汚褐色。葉は1回羽状複葉。羽片の下側は切れ込むが、上側は殆ど切れ込まず、先端は尾状に伸びる。羽軸の表側の裂片中肋が分岐するところに刺状突起がある。ソーラスは葉縁に沿ってつく。
よく似たオオバノハチジョウシダは背が高くなる。
学名は、Pteris excelsa var.simplicior
イノモトソウ科イノモトソウ属


2008年12月20日 鹿島羽片の上部はほとんど切れ込まない。
オオバノアマクサシダ オオバノアマクサシダ オオバノアマクサシダ
オオバノアマクサシダ オオバノアマクサシダ オオバノアマクサシダ



2008年12月20日 鹿島羽片の上側はほとんど切れ込まない。
オオバノアマクサシダ オオバノアマクサシダ オオバノアマクサシダ
オオバノアマクサシダ オオバノアマクサシダ
2008年12月20日 鹿島
オオバノアマクサシダ オオバノアマクサシダ オオバノアマクサシダ
オオバノアマクサシダ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑