オオバノハチジョウシダ(大葉の八丈羊歯)

常緑シダ植物
関東以西〜九州の谷間などの湿った所に生える。葉柄は太く薄緑色から暗紫色で、基部鱗片は暗褐色。葉身は大型で、高さ1〜2m。1回羽状複葉。羽片の先端は尾状になる。最下羽片の下向き第1小羽片は羽状深裂することが多い。羽軸の表側の裂片中肋が分岐するところに刺状突起がある。葉はやや2形。胞子葉は栄養葉より大きく、羽片幅は細く、羽片間の間隔があく。胞子のつかない葉縁には鋸歯がある。ソーラスは葉縁に沿ってつく。
よく似たオオバノアマクサシダは背が低い。
学名は、Pteris excelsa
イノモトソウ科イノモトソウ属


2013年1月12日 玉湯最下羽片の下向き第1小羽片は羽状になる。羽片の先端は尾状になる。
オオバノハチジョウシダ オオバノハチジョウシダ オオバノハチジョウシダ
羽軸と裂片中肋との交点に刺がある。
オオバノハチジョウシダ オオバノハチジョウシダ オオバノハチジョウシダ



2008年12月27日 八雲羽軸と裂片中肋との交点に刺がある。
オオバノハチジョウシダ オオバノハチジョウシダ オオバノハチジョウシダ
オオバノハチジョウシダ オオバノハチジョウシダ
2008年12月20日 鹿島最下部羽片の第1小羽片が羽状にならないものもある。
オオバノハチジョウシダ オオバノハチジョウシダ オオバノハチジョウシダ
オオバノハチジョウシダ オオバノハチジョウシダ
2008年12月20日 鹿島最下部羽片の第1小羽片は羽状になる。
オオバノハチジョウシダ オオバノハチジョウシダ オオバノハチジョウシダ
オオバノハチジョウシダ
胞子のついた葉は小羽片が細い。ソーラスのつかないところは鋸歯がある。
オオバノハチジョウシダ オオバノハチジョウシダ オオバノハチジョウシダ
オオバノハチジョウシダ
2008年9月14日 胞子のついた葉 宍道最下部羽片の第1小羽片は羽状になる。
オオバノハチジョウシダ オオバノハチジョウシダ オオバノハチジョウシダ
ソーラスは葉縁につく。
オオバノハチジョウシダ オオバノハチジョウシダ オオバノハチジョウシダ
胞子のつかない葉
オオバノハチジョウシダ オオバノハチジョウシダ オオバノハチジョウシダ
最下羽片の第1小羽片は羽状となる。
オオバノハチジョウシダ オオバノハチジョウシダ オオバノハチジョウシダ
小さい葉
オオバノハチジョウシダ オオバノハチジョウシダ オオバノハチジョウシダ
2008年11月30日 東忌部最下部の羽片
オオバノハチジョウシダ オオバノハチジョウシダ オオバノハチジョウシダ
オオバノハチジョウシダ
2008年9月27日 八雲最下羽片の第1小羽片は長く伸び羽状となる。
オオバノハチジョウシダ オオバノハチジョウシダ オオバノハチジョウシダ
オオバノハチジョウシダ
2014年1月29日 幼体の斑入り葉 八雲葉身は長さ約4cm。
オオバノハチジョウシダ オオバノハチジョウシダ オオバノハチジョウシダ
2009年4月12日 新芽 八雲
オオバノハチジョウシダ オオバノハチジョウシダ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑