オギ(荻)

多年草
北海道〜九州の沼沢地や河畔、水田の用水路などに生育し、大形で、群生する。茎は高さ1.5〜2m。根茎は太く横走する。茎は円形、堅く平滑・無毛。葉は長さ30〜50cm、幅25〜30mm、堅く平滑・無毛、縁はざらつく。葉舌は毛状。葉鞘は長く、成長初期の頃には毛が密生する。花序は長さ30〜50cm、先端はやや下垂し、ススキより密に小穂をつける。枝は長さ15〜30cm、花軸とともに平滑・無毛、各節から長短不同の小梗を双生して小穂をつける。短い小梗は長さ3〜4mm、長い小梗は6〜7mm。小穂は長さ5〜6mm、淡黄褐色、芒がなく、基部に絹光沢のある毛をつける。2個の包穎は薄膜質、白色の毛を生じる。 花期は8〜9月。(日本イネ科植物図譜)
学名は、Miscanthus sacchariflorus
イネ科ススキ属


2015年10月14日 島根花序は長さ約25cm、下はススキの穂。葉舌は毛状。
オギ花序 オギ花序 オギ葉舌
葉鞘は無毛。茎は株立ちしない。
オギ葉鞘 オギ茎 オギ
オギ
2015年10月6日 東持田花序は長さ約35cm。長柄と短柄の小穂が対になってつく。
オギ花序 オギ花序 オギ小穂
小穂の基部と第1苞穎に長毛がある。第1苞穎の縁に長毛がある。第1苞穎の長毛。
オギ オギ オギ
第2苞穎は上部の縁にのみ短毛がある。小穂の毛を除いた。小穂は長さ約4.7mm。
オギ オギ オギ
葉舌は毛状になる。
オギ オギ オギ葉舌
葉鞘と茎は無毛で節に毛がある。葉は長さ約70cm。葉の幅は約2cm、表面は無毛。
オギ茎 オギ オギ葉
葉の縁に上向きの小刺がありざらつく。葉の裏面は緑色で無毛。
オギ葉 オギ葉裏面 オギ葉裏面
花序は白色。大きな株にならない。
オギ花序 オギ オギ



2010年10月13日 西忌部ススキと違って毛は純白となる。
オギ オギ オギ
小穂の基部と包穎に白毛があり、芒は目立たない。
オギ オギ オギ
2009年10月3日 西川津
オギ オギ オギ
小穂の芒は目立たない。長柄小穂と短柄小穂が双生する。小穂基部の毛は小穂の倍以上ある。
オギ オギ オギ
オギ オギ オギ
根生する葉はなく、葉は茎につく。株立ちにならず、茎が1本ずつ立つ。
オギ オギ
2007年11月4日 西忌部
オギ オギ オギ
オギ オギ オギ
オギ
2007年10月20日 大庭
オギ オギ オギ
オギ オギ
2003年11月8日 加茂
オギ
2015年6月7日 西長江葉の縁に小さな刺がありざらつく。
オギ オギ オギ
葉の幅は約1.5cm、中央脈が白い。裏面、中央脈が裏へ突出する。
オギ オギ オギ
上部の葉鞘はほぼ無毛。下部の葉鞘は毛が密生する。茎は1本づつで株立しない。
オギ オギ オギ
手前の大きな株はススキ。
オギ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑