ヌカススキ(糠薄)

1年草
ヨーロッパ原産。明治年間の初めに観賞用に導入された。東海地方以西の陽当たりのよい道ばたや空き地に群生する。稈は直立して高さ40cmほどになる。葉は線形でざらつくが無毛。稈の先端で細かく分岐して、長さ3mmほどで2小花を含む小穂をややまばらにつける。2小花には4mmほどの芒がある。 花期は春〜夏。(日本帰化植物写真図鑑)
学名は、Aira caryophyllea
イネ科ヌカススキ属
よく似たハナヌカススキは小穂の芒が1本。


2014年5月17日 玉湯
ヌカススキ花序 ヌカススキ小穂 ヌカススキ小穂
小穂は長さ約2.5mm、2個の芒が出る。2個の苞穎、芒はほぼ同長。小穂には2小花があり、各々に芒がある。
ヌカススキ小穂 ヌカススキ小穂 ヌカススキ小穂
小花の芒は長さ約4mm。芒は護穎の背から伸び、護穎の基部に白色の毛があり、上部にも毛がある。
ヌカススキ小花 ヌカススキ小花 ヌカススキ
ヌカススキ



2009年5月23日 小穂には芒が2本ある。 八雲
ヌカススキ ヌカススキ
2009年5月19日 小穂の様子 2本の芒がある。 玉湯1小穂には2小花ある。
ヌカススキ ヌカススキ ヌカススキ
2009年5月9日 浜乃木小穂には芒が2本ある。
ヌカススキ ヌカススキ ヌカススキ
小花を1個取り出した。葉舌は大きい。
ヌカススキ ヌカススキ ヌカススキ
2004年5月15日 袖師
ヌカススキ ヌカススキ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑