ハナヌカススキ(花糠薄)

1年草
ヨーロッパ原産。ヌカススキとほぼ同じ範囲に帰化している。稈は基部で分岐して直立し、高さ40cmほどになる。葉は線形で葉鞘とともにざらつく。細かく分岐した穂を出し、長さ2mmほどの2小花からなる小穂を穂の全体にわたってつける。2小花のうち上のもののみに芒がある。 花期は春〜夏。(日本帰化植物写真図鑑)
学名は、Aira elegans
イネ科ヌカススキ属
よく似たヌカススキは小穂の芒が2本。


2015年4月26日 玉湯小穂には芒が1本のみ。花穂はよく分岐する。
ハナヌカススキ ハナヌカススキ ハナヌカススキ
ハナヌカススキ ハナヌカススキ ハナヌカススキ
小穂は長さ約2mm。小穂に芒が1個ある。
ハナヌカススキ ハナヌカススキ ハナヌカススキ
2個の小花の片方に芒がある。小花は長さ約1.5mm、芒も長さ約1.5mm。
ハナヌカススキ ハナヌカススキ ハナヌカススキ
高さは約25cm。
ハナヌカススキ ハナヌカススキ ハナヌカススキ



2009年5月23日 小穂には芒が1本のみ。 八雲
ハナヌカススキ ハナヌカススキ ハナヌカススキ
ハナヌカススキ
2009年5月13日 玉湯
小穂には芒は1本のみ。
ハナヌカススキ ハナヌカススキ ハナヌカススキ

小穂には2小花あるが、1小花にのみ芒がある。葉舌は大きい。
ハナヌカススキ ハナヌカススキ ハナヌカススキ

葉は線形で、稈は基部で分岐する。
ハナヌカススキ ハナヌカススキ ハナヌカススキ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑