ノースポールギク

越年草
南ヨーロッパや北アフリカ原産。葉は縁に鋭い鋸歯があり、無毛。直径2〜4cmの花を咲かせる。総苞片は3〜4列。舌状花は白色、筒状花は黄色。果実はそう果、長さ約2mm、10肋があり、冠毛はない。別名ノースポール。 花期は11〜6月。
学名は、Leucoglossum paludosum
キク科ノースポールギク属
マーガレットやフランスギクに似るが草丈も花の大きさも小さめ。


2016年5月21日 美保関頭花は直径約3cm、総苞は半球形。
ノースポールギク花 ノースポールギク花 ノースポールギク花
総苞は半球形。結実率が低いようだが果実が見える。
ノースポールギク花 ノースポールギク花 ノースポールギク花
舌状花(上)と筒状花。舌状花に退化したような雌しべがある。子房の上部に膜状鱗片状のものがある。
ノースポールギク花 ノースポールギク舌状花 ノースポールギク舌状花
筒状花は5裂する。筒状花は子房を含めて長さ約3.5mm。
ノースポールギク舌状花 ノースポールギク筒状花 ノースポールギク筒状花
筒状花筒状花の子房。花冠が残っている果実。
ノースポールギク筒状花 ノースポールギク筒状花 ノースポールギク果実
花冠が残った果実。果実は長さ約2mm。果実に10肋がある。
ノースポールギク果実 ノースポールギク果実 ノースポールギク果実
果実の上部果実に冠毛はない。
ノースポールギク果実 ノースポールギク果実 ノースポールギク果実
葉には鋭い鋸歯がある。葉は長さ約2cm、無毛。
ノースポールギク葉 ノースポールギク葉 ノースポールギク葉裏面
ノースポールギク




島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑