フランスギク(仏蘭西菊)

多年草
ヨーロッパ原産。かっては庭園に栽培されたが現在では各地に野生化する。茎は直立、基部で分岐して高さ30〜80cm、粗い毛がある。葉は根生葉があり、さじ形で長さ6〜9cm、鋸歯があり粗い毛が生え、有柄で越冬する。茎につく葉はへら形で互生、鋸歯があり、基部が少し茎を抱く。頭状花は白色で直径5cmほど、総苞は皿形で総苞片は3〜4列、広卵形か長楕円形、縁の膜は広い。果実は黒色、10条の隆起線があり、冠毛は合着して皿状の突起となる。種子と地下茎でにより繁殖する。花期は6月。(日本帰化植物写真図鑑)
学名は、Leucanthemum vulgare
キク科フランスギク属
花の形が同じものにマーガレットがあるが、葉が羽状に切れ込む。また、 大きさの小さいノースポールギクは葉に鋭い鋸歯がある。


2016年5月28日 宍道舌状花は雌性、筒状花は両性。
フランスギク花 フランスギク花 フランスギク花
頭花は直径6.5cm。総苞は皿形。
フランスギク花 フランスギク花 フランスギク蕾
舌状花と筒状花。舌状花の雌しべ。
フランスギク フランスギク フランスギク
雌しべの見えない舌状花も筒部の中に雌しべがあった。葉はへら形で鋸歯がある。
フランスギク フランスギク フランスギク
フランスギク



2011年5月7日 西浜佐陀
フランスギク フランスギク フランスギク
葉の基部は少し茎を抱く。
フランスギク フランスギク フランスギク
フランスギク フランスギク
2010年5月15日 玉湯
フランスギク フランスギク フランスギク
フランスギク
2009年5月23日 八雲
フランスギク フランスギク フランスギク
総苞は皿型。
葉はへら形で鋸歯がある。
フランスギク フランスギク フランスギク
茎には毛がある。
フランスギク フランスギク
2016年6月14日 果実 東出雲頭果は直径約2.7cm。
フランスギク果実 フランスギク果実 フランスギク果実
舌状花の果実。枯れた花冠の残った果実。
フランスギク果実 フランスギク果実 フランスギク果実
花冠を取り去った果実、長さ約2.5mm。果実の表面に10個の隆起線がある。果実の上部。
フランスギク果実 フランスギク果実 フランスギク果実
筒状花の果実。枯れた花冠の残る筒状花の果実。果実は長さ約2.5mm。
フランスギク果実 フランスギク果実 フランスギク果実
果実の表面に10個の隆起線がある。先端に皿状の突起となった冠毛がある。上から見た果実の先端、隆起線が10個ある。
フランスギク果実 フランスギク果実 フランスギク果実
総苞は皿形。
フランスギク フランスギク フランスギク
茎は有毛のものと無毛のものがある。
フランスギク フランスギク フランスギク


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑