ニワゼキショウ(庭石菖)

多年草
北アメリカ原産。明治中期に渡来し、各地に広く帰化している。日当たりのよい芝生や道ばたなどに生え、高さ10〜20cmになる。茎は扁平でごく狭い翼がある。葉は幅2〜3mm。茎の先に細い花柄をだし、小さな花を次々に開く。花は直径約1.5cmで、1日でしぼむ。花被片は紫色または白紫色で、濃い色の筋があり、中心部は黄色。さく果は直径約3mmの球形。熟すと下向きになり、3裂して種子を散らす。花期は5〜6月。(野に咲く花)
学名は、Sisyrinchium atlanticum
アヤメ科ニワゼキショウ属
背が高く花は小さいよく似た仲間にオオニワゼキショウがある。オオニワゼキショウとの比較。


2011年6月9日 花被片が同形。 西忌部オオニワゼキショウ左がニワゼキショウ、右がオオニワゼキショウ
ニワゼキショウ オオニワゼキショウ ニワゼキショウ
ニワゼキショウオオニワゼキショウ中央がニワゼキショウ、左右がオオニワゼキショウ
ニワゼキショウ オオニワゼキショウ ニワゼキショウ



2005年5月21日 宍道
ニワゼキショウ ニワゼキショウ ニワゼキショウ
2004年5月2日 佐草2003年5月18日 八雲
ニワゼキショウ ニワゼキショウ ニワゼキショウ
2003年5月24日 浜乃木
ニワゼキショウ ニワゼキショウ
2004年5月28日 果実 乃白
ニワゼキショウ ニワゼキショウ
2015年6月7日 果実 打出果実は3裂し、種子を出す。
ニワゼキショウ果実 ニワゼキショウ果実 ニワゼキショウ果実
裂開する前の果実。果実は直径約3mm。
ニワゼキショウ果実 ニワゼキショウ果実 ニワゼキショウ果実
種子は長さ7〜8mm種子の表面に網目状の凹凸がある。
ニワゼキショウ種子 ニワゼキショウ種子 ニワゼキショウ種子
ニワゼキショウ ニワゼキショウ
2012年6月23日 果実 八雲果実は3裂し、種子を出す。
ニワゼキショウ ニワゼキショウ ニワゼキショウ
種子はいびつで、多数の凹みがある。
ニワゼキショウ
2007年2月25日 ニワゼキショウかオオニワゼキショウかは不明。 八雲西岩坂
ニワゼキショウ ニワゼキショウ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑