ナガバジャノヒゲ(長葉蛇の髭)

常緑多年草
北海道〜九州の林床に生える。葉の長さ30〜40cm、幅1.5〜2.5mm。走出枝は長さ1〜3cmと短く、株立ちとなる。葉の間に5〜10cmの花穂を形成し、白〜淡紫色の花を咲かせる。果皮は薄くて脱落し、種子は露出した状態で成熟し、秋に濃青紫色になる。花期は7月。
学名は、Ophiopogon japonicus var. umbrosus
キジカクシ科ジャノヒゲ属
 よく似たジャノヒゲは葉の長さ10〜30cm、幅は2〜3mm。長い走出枝(5〜20cm)を出し、これで群落を形成する。


2011年7月13日 八雲
ジャノヒゲ ジャノヒゲ ジャノヒゲ
ジャノヒゲ ジャノヒゲ



2003年6月21日 蕾 乃白田和山
ジャノヒゲ ジャノヒゲ ジャノヒゲ
2006年2月25日 種子 八雲市場
ナガバジャノヒゲ ナガバジャノヒゲ
2007年12月16日 種子 玉湯2006年2月19日 風土記の丘
ナガバジャノヒゲ ナガバジャノヒゲ ナガバジャノヒゲ
2005年11月20日 種子 忌部高原
ジャノヒゲ ジャノヒゲ
2004年12月12日 種子 佐草
ジャノヒゲ ジャノヒゲ
2004年1月18日 種子 東長江2002年2月16日 種子 大庭
ジャノヒゲ ジャノヒゲ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑