ジャノヒゲ(蛇の髭)

常緑多年草
北海道〜九州の山野の林内に生える。匐枝をだしてふえ、群生することが多い。葉は根生し、長さ10〜20cm、幅2〜3mmの線形。花茎はやや扁平で高さ7〜15cmになり、はくしょくまたは淡紫色の花を総状につける。果皮は早く落ちるので、種子がむきだしになって成熟する。種子は直径約7mmで碧色。花期は7〜8月。(野に咲く花)
学名は、Ophiopogon japonicus
キジカクシ科ジャノヒゲ属
 葉が30〜40cmと長いナガバジャノヒゲがある。幅1.5〜2.5mm。走出枝は短く、株立ちとなる。


2007年6月30日 玉湯少し持ち上げました。
ジャノヒゲ花 ジャノヒゲ花 ジャノヒゲ花
2012年12月3日 種子 八雲上側はまだ色づいていない。種子は直径約7mm。
ジャノヒゲ種子 ジャノヒゲ種子 ジャノヒゲ種子
種子の横断面。種皮を取り除いた。根の一部が肥大し、漢方で「麦門冬」と呼ぶ。
ジャノヒゲ種子 ジャノヒゲ種子 ジャノヒゲ麦門冬
走出枝を出して子株を作って増える。
ジャノヒゲ麦門冬 ジャノヒゲ走出枝 ジャノヒゲ葉
ジャノヒゲ



2006年3月5日 種子 八雲走出枝の先に子株をつける。
ジャノヒゲ種子 ジャノヒゲ走出枝 ジャノヒゲ葉
走出枝を出して増えるので、一面に広がる。
ジャノヒゲ ジャノヒゲ
2011年11月2日 若い種子 東長江
ジャノヒゲ種子 ジャノヒゲ種子 ジャノヒゲ種子
ジャノヒゲ葉 ジャノヒゲ
2007年1月21日 種子 佐草走出枝を出して増える。
ジャノヒゲ種子 ジャノヒゲ走出枝 ジャノヒゲ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑