ナガバギシギシ(長葉羊蹄)

多年草
ヨーロッパ大陸の原産で帰化。茎の高さは50〜150cm1、下部の葉は長柄があり長楕円形で縁は波状となり、基部は円形またはくさび形。茎につく葉は短〜無柄。果実をとりまく内花被片は円心形全縁または下部に少し歯牙がある。果柄に節がある。花期は6〜8月。(原色日本植物図鑑)
学名は、Rumex crispus
タデ科ギシギシ属
よく似た仲間


2011年6月4日 上乃木
ナガバギシギシ ナガバギシギシ ナガバギシギシ
葉の基部はくさび形。
ナガバギシギシ ナガバギシギシ ナガバギシギシ
ナガバギシギシ



2011年5月20日 島根内側に葯が見える。
ナガバギシギシ ナガバギシギシ ナガバギシギシ
ナガバギシギシ ナガバギシギシ ナガバギシギシ
葉の基部は円形。葉の縁が波打つ。
ナガバギシギシ ナガバギシギシ ナガバギシギシ
ナガバギシギシ
2005年5月22日 上乃木
ナガバギシギシ ナガバギシギシ ナガバギシギシ
ナガバギシギシ ナガバギシギシ ナガバギシギシ
2014年12月10日 果実 鹿島内花被片は全縁、内側に果実が1個ある。果実を包む内花被片は長さ約5mm。
ナガバギシギシ果実 ナガバギシギシ果実 ナガバギシギシ果実
内花被片は全縁。先端から見ると瘤体が3個ある。
ナガバギシギシ果実 ナガバギシギシ果実 ナガバギシギシ果実
内花被片の中に果実が1個ある。果実は長さ約2.5mm、先端に柱頭が残る。果実は3稜形。
ナガバギシギシ果実 ナガバギシギシ果実 ナガバギシギシ果実
果実の稜に狭い翼がある。茎葉には短い葉柄がある。
ナガバギシギシ果実 ナガバギシギシ果序 ナガバギシギシ葉
下部の葉の葉身は長さ約25cm、長い葉柄がある。葉身の基部は切形。
ナガバギシギシ葉 ナガバギシギシ葉 ナガバギシギシ葉
ナガバギシギシ葉裏面 ナガバギシギシ ナガバギシギシ
2010年1月20日 乃白基部が切り形なのでナガバか?
ナガバギシギシ ナガバギシギシ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑