ムラサキカタバミ(紫片喰)

多年草
南アメリカ原産。江戸末期に観賞用に渡来したといわれ、庭、畑、空き地、樹園地など関東以西に広がり害草化している。鱗茎から、倒心臓形の3小葉よりなる葉を数枚だす。葉の下面に毛がある。葉より高い花茎をだし、直径2cmほどの淡紅色の5弁花を数個つける。花の中心部が淡黄緑色、葯は白色で、花粉はできず、株基部に形成される鱗茎で増殖する。花期は5〜7月。(日本帰化植物写真図鑑)
学名は、Oxalis corymbosa
カタバミ科カタバミ属


2012年5月21日 伊勢宮
ムラサキカタバミ ムラサキカタバミ ムラサキカタバミ
2012年5月16日 大井
ムラサキカタバミ ムラサキカタバミ ムラサキカタバミ
ムラサキカタバミ ムラサキカタバミ ムラサキカタバミ
ムラサキカタバミ ムラサキカタバミ ムラサキカタバミ
ムラサキカタバミ ムラサキカタバミ ムラサキカタバミ
ムラサキカタバミ ムラサキカタバミ



2011年7月18日 秋鹿葯は白色で、花粉はできない。
ムラサキカタバミ ムラサキカタバミ ムラサキカタバミ
花茎の先端に数輪の花が散形状につく。
ムラサキカタバミ ムラサキカタバミ
雄しべが花弁化し、八重咲きのようになるものがある。
ムラサキカタバミ花弁化 ムラサキカタバミ花弁化 ムラサキカタバミ花弁化
葉柄や花柄には毛が多い。
ムラサキカタバミ ムラサキカタバミ ムラサキカタバミ
小葉の基部に腺がある。
ムラサキカタバミ ムラサキカタバミ
2012年6月14日 鱗茎 美保関多数の鱗片がつく。
ムラサキカタバミ ムラサキカタバミ ムラサキカタバミ
ムラサキカタバミ ムラサキカタバミ
2003年6月21日 乃白田和山
ムラサキカタバミ ムラサキカタバミ ムラサキカタバミ
2004年11月28日 乃白
ムラサキカタバミ ムラサキカタバミ
2004年6月1日 城山公園
ムラサキカタバミ ムラサキカタバミ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑