イモカタバミ(芋傍食)

球根性多年草
南アメリカ原産。1967年に帰化が報じられた。観賞用に栽培もされる。根の上部に小形のイモ状の塊茎を多数付けて大きな株になるが、耕起などで分散して増える。紡錘形の根から、長い柄の先に倒心臓形の3小葉つける葉を数本出す。小葉にはごく短い毛があり、下面に淡黄褐色の小点がある。葉より高い花茎を出し、直径1.5cmほどの5弁の紅紫色の花を10〜20個つける。花の中心部が濃い紫色で葯が黄色。花期は4〜9月。(日本帰化植物写真図鑑)
学名は、Oxalis articulata
カタバミ科カタバミ属
花が白い園芸品種をシロバナイモカタバミ(Oxalis articulata cv. Alba)と呼ばれることもある。


2013年8月17日 平成葯は黄色。
イモカタバミ花 イモカタバミ花 イモカタバミ花
花は直径約1.2cm。萼の先に橙黄色の小点がある。
イモカタバミ花 イモカタバミ花 イモカタバミ花
萼の先に橙黄色の小点が2個ある。雌しべの花柱は5個、雄しべは長短5個ずつ。
イモカタバミ花 イモカタバミ花 イモカタバミ花
5個の花柱と短い雄しべが見える。
イモカタバミ花 イモカタバミ花 イモカタバミ花
葉は根生する。小葉は長さ約1.7cmの倒心臓形。
イモカタバミ葉 イモカタバミ葉 イモカタバミ葉
葉表の毛。葉裏の毛。
イモカタバミ葉 イモカタバミ葉裏面 イモカタバミ葉裏面
塊茎から葉や花茎が伸びる。根の上部に芋状の塊茎がある。
イモカタバミ イモカタバミ塊茎 イモカタバミ



2014年9月2日 白花 平成雄しべの葯が黄色。花は直径約1.5cm。
シロバナイモカタバミ花 シロバナイモカタバミ花 シロバナイモカタバミ花
シロバナイモカタバミ花 シロバナイモカタバミ花 シロバナイモカタバミ葉
長い葉柄がある。葉は直径約4cm、小葉は長さ約2cm。表面に短毛が散生する。
シロバナイモカタバミ葉 シロバナイモカタバミ葉 シロバナイモカタバミ葉
裏面に伏毛があり、小点が密生する。
シロバナイモカタバミ葉裏面 シロバナイモカタバミ葉裏面 シロバナイモカタバミ葉裏面
根の上部に塊茎がある。
シロバナイモカタバミ塊茎 シロバナイモカタバミ シロバナイモカタバミ
2004年5月8日 城山公園雄しべの葯が黄色。
イモカタバミ イモカタバミ イモカタバミ
Gadepu Gardenさんにいただいた写真です。 これは、葯が白いのでムラサキカタバミ
イモカタバミ ムラサキカタバミ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑