マツザカシダ(松坂羊歯)

常緑多年性シダ植物
房総以西の沿岸部、島根県以西の日本海側、四国、九州の林内に生える。葉柄はわら色で、基部鱗片は褐色。葉身は単羽状葉で1〜3対のやや鎌状に曲った側羽片と頂羽片があり、光沢のある緑色〜濃緑色の革質。羽軸にそってしばしば白斑がはいる。葉は2形。胞子葉は栄養葉より葉柄が長く、葉幅が細い。ソーラスは羽片の辺縁に沿って長くつく。オオバノイノモトソウに似るが、側羽片が1〜3対と少なく、葉が波のようにうねる。
学名は、Pteris nipponica
イノモトソウ科イノモトソウ属


2009年8月8日 鹿島
マツザカシダ マツザカシダ マツザカシダ
マツザカシダ マツザカシダ



2009年3月8日 鹿島少し白斑がある。
マツザカシダ マツザカシダ マツザカシダ
胞子葉は羽片の幅が狭い。
マツザカシダ マツザカシダ マツザカシダ
マツザカシダ マツザカシダ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑