オオバノイノモトソウ(大葉井許草)

常緑性シダ植物
東北地方中部以西〜九州の山地や低地の林床に生える。葉柄はわら色〜褐色で基部鱗片は褐色。葉は1回羽状複葉で頂羽片がある。羽片の辺縁は鋸歯状で基部が中軸に流れて翼とならない。葉はやや2形で、胞子葉は栄養葉より葉柄が長く、葉幅が細い。ソーラスは羽片の辺縁に沿って長くつく。
学名は、Pteris cretica
イノモトソウ科イノモトソウ属


2008年7月19日 栄養葉 玉湯
オオバノイノモトソウ オオバノイノモトソウ オオバノイノモトソウ
胞子葉は羽片が細い。
オオバノイノモトソウ オオバノイノモトソウ オオバノイノモトソウ
ソーラスはふちにつく。
オオバノイノモトソウ オオバノイノモトソウ オオバノイノモトソウ
中央が栄養葉、右が胞子葉。
オオバノイノモトソウ



2008年6月15日 栄養葉 東忌部胞子葉中軸に翼はない。
オオバノイノモトソウ オオバノイノモトソウ オオバノイノモトソウ
ソーラスは辺縁につく。胞子葉は背が高い。
オオバノイノモトソウ オオバノイノモトソウ
2009年3月28日 小さい個体 玉湯
オオバノイノモトソウ オオバノイノモトソウ オオバノイノモトソウ
オオバノイノモトソウ オオバノイノモトソウ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑