マルミノヤマゴボウ(丸実の山牛蒡)

多年草
関東地方以西〜九州の山の木陰に生える。茎は太く高さ1m以上に達する。葉は無毛で柄は長さ1.5〜3cm、葉身は長さ15〜30cm、幅5〜10cm、先はやや尾状にとがる。花は直立した総状花序をつくって開き、直径約8mmで淡紅色を帯びる。果実は球状で黒紫色に熟し、種子は腎円形、黒色で光沢があり、細い同心円状の条があり直径約3mm。花期は6〜9月。(原色日本植物図鑑)
学名は、Phytolacca japonica
ヤマゴボウ科ヤマゴボウ属
似た花のヤマゴボウは萼が白色で、雄しべの葯が淡紅色、心皮は8個に離生し果実は分果となる。またヨウシュヤマゴボウは果序が垂れ下がる。


2016年6月6日 島根葯は落ちている。
マルミノヤマゴボウ花 マルミノヤマゴボウ花 マルミノヤマゴボウ花
花は直径約8mm。花には花弁はない。花の裏面、萼が花弁に見える。
マルミノヤマゴボウ花 マルミノヤマゴボウ花 マルミノヤマゴボウ花
心皮が8個ある。
マルミノヤマゴボウ花 マルミノヤマゴボウ花 マルミノヤマゴボウ果実
若い果実。果実は離生しない。果実は直径約7mm。
マルミノヤマゴボウ果実 マルミノヤマゴボウ果実 マルミノヤマゴボウ果実
マルミノヤマゴボウ



2011年5月20日 島根雄しべの葯は白色。
マルミノヤマゴボウ花 マルミノヤマゴボウ花 マルミノヤマゴボウ花
心皮が離生しない。花穂が長く伸びず、下に垂れない。
マルミノヤマゴボウ花 マルミノヤマゴボウ花 マルミノヤマゴボウ花序
葉の先端が尖る。
マルミノヤマゴボウ葉 マルミノヤマゴボウ茎 マルミノヤマゴボウ
マルミノヤマゴボウ
2011年4月29日 蕾 島根
マルミノヤマゴボウ蕾 マルミノヤマゴボウ マルミノヤマゴボウ
マルミノヤマゴボウ マルミノヤマゴボウ マルミノヤマゴボウ
マルミノヤマゴボウ
2014年7月9日 果実 島根果実は球形のままで分果しない。
マルミノヤマゴボウ果実 マルミノヤマゴボウ果実 マルミノヤマゴボウ果実
(少し乾燥した)果実は直径約8.5mm。種子は幅約3.5mm、同心円状の線がある。
マルミノヤマゴボウ果実 マルミノヤマゴボウ果実 マルミノヤマゴボウ種子
マルミノヤマゴボウ
2010年7月21日 果実 島根果実期の萼は赤くなる。最初は白っぽい。
マルミノヤマゴボウ萼 マルミノヤマゴボウ果序 マルミノヤマゴボウ花
果穂が長く伸びず、下に垂れない。果実は分果とならない。
マルミノヤマゴボウ果序 マルミノヤマゴボウ果実 マルミノヤマゴボウ果序
マルミノヤマゴボウ葉 マルミノヤマゴボウ葉裏面 マルミノヤマゴボウ
マルミノヤマゴボウ マルミノヤマゴボウ
2012年8月5日 果実 島根果実は分果しない。種子には同心円状の模様がある。
マルミノヤマゴボウ果序 マルミノヤマゴボウ果実 マルミノヤマゴボウ種子
マルミノヤマゴボウ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑