マンテマ

1〜越年草
ヨーロッパ原産。江戸時代末期に渡来した。庭などに植えられたものが野生化し、本州〜九州の海岸などに群生している。高さ20〜30cmになり、全体に開出毛があり、上部には腺毛もまじる。葉は長さ2〜4cm。茎の下部の葉はへら形、上部の葉は倒披針形で先がとがる。茎の上部に直径約7mmの花が総状につく。花弁は白色で、舷部の中央に紅紫色の大きな斑点があり、基部には披針形の小鱗片がある。萼筒には赤褐色を帯びた10脈があり、花のあと卵形に膨らみ、長い毛と短い腺毛が生えている。さく果は萼に包まれたまま熟す。花期は5〜6月。(野に咲く花)
学名は、Silene gallica var. quinquevulnera
ナデシコ科マンテマ属
似た花に花弁の赤い斑点のないシロバナマンテマがある。


2011年5月7日 末次萼には長い毛と短い腺毛が多い。
マンテマ花 マンテマ花 マンテマ萼
マンテマ花序 マンテマ葉 マンテマ
マンテマ



2010年6月12日 大井
マンテマ花 マンテマ花 マンテマ
マンテマ
2010年5月1日 乃白
マンテマ花 マンテマ マンテマ
2009年5月31日 八雲若い果実。
マンテマ花 マンテマ花 マンテマ果実
シロバナマンテマと混生している。
マンテマ葉 マンテマ マンテマ
2006年6月11日 宍道
マンテマ花 マンテマ花 マンテマ花
マンテマ マンテマ
2013年6月16日 果実 東出雲熟した果実は先端が6裂し種子が出る。
マンテマ果実 マンテマ果実 マンテマ果実
果実は長さ約1cm。種子は長さ約1mm。
マンテマ果実 マンテマ種子 マンテマ種子
マンテマ種子 マンテマ種子 マンテマ種子
花は直径約7mm。花の萼は細いが、受粉すると膨らむ。
マンテマ花 マンテマ花 マンテマ花
葉は対生する。
マンテマ葉 マンテマ マンテマ
2012年6月25日 果実 玉湯果実は長さ約7mm。果実の先端は6裂し、種子が出る。
マンテマ果実 マンテマ果実 マンテマ果実
種子は長さ約1mm。
マンテマ種子 マンテマ
2010年7月18日 果実 大井熟すと先端が6裂する。若い果実。
マンテマ果実 マンテマ果実 マンテマ果実
マンテマ マンテマ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑