クロマツ(黒松)

常緑高木
本州〜九州の日当たりのよい海岸の砂浜や岩上などに生える。砂浜に続く海岸に多い。高さ25m、直径1.5mに達する。若いうちは円錐形、大きくなると樹冠が広がり、傘形になる。樹皮は灰黒色。亀甲状に深く割れる。若い枝は黄褐色。葉は2葉性。長さ10〜15cm、横断面は半円形で幅1.5〜2mm。あまり光沢のない緑色で、先端はとがり、にぎると痛い。葉は枝に3年ほどつき、のちに落ちる。雌雄同株。雄花は新枝の基部に多数つき、長さ1.5〜2cmの楕円形。雌花は新枝の先端に2個ほどつくつく。果実は球果。長さ4〜6cmの卵形で褐色。開花後2年かかって熟す。種鱗はくさび形。種子は長さ5〜6mm、長さ1.5cmほどの翼があり、風にとばされる。古い球果はしばらく枝に残る。花期は5月頃。(樹に咲く花)
学名は、Pinus thunbergii
マツ科マツ属
仲間にアカマツがある。


2013年5月9日 雌花 西谷雌花は新枝の先端に2個つく。
クロマツ雌花 クロマツ雌花 クロマツオ雌花
雌花は長さ約6mm。雄花は新枝の基部につく。
クロマツ雌花 クロマツ クロマツオ雄花
雄花は長さ約1.5cm。葉は2葉性、握ると痛い。
クロマツオ雄花 クロマツ クロマツ葉
クロマツ樹皮 クロマツオ



2008年5月4日 雄花 玉湯雌花
クロマツ雄花 クロマツオ雄花 クロマツ雌花
2004年4月18日 雄花 植栽 白潟公園
クロマツ雄花 クロマツ雄花
2015年4月8日 新芽 東出雲新芽についた雄花の蕾。
クロマツ新芽 クロマツ新芽 クロマツ雄花蕾
葉先は鋭く、触ると痛い。葉は2葉性。長さ約12cm。
クロマツ クロマツ葉 クロマツ葉
クロマツ
2013年3月19日 冬芽と果実 東持田去年開花した果実。
クロマツ冬芽果実 クロマツ果実 クロマツ冬芽
一昨年開花した果実種鱗の間に残っていた種子。翼のある種子が2個ついている。
クロマツ果実 クロマツ種子 クロマツ種子
翼は長さ約2cm。種子が見えている。
クロマツ種子 クロマツ種子 クロマツ種子
種子は裏側にある。種子は長さ5.5〜6mm。
クロマツ種子 クロマツ種子 クロマツ種子
クロマツ種子 クロマツ葉 クロマツ葉
クロマツ樹皮 クロマツ
2006年3月11日 冬芽 東忌部冬芽と去年の果実。
クロマツ冬芽 クロマツ冬芽 クロマツ樹皮
クロマツ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑