アカマツ(赤松)

常緑高木
北海道南部〜九州のブナ帯以下の山地に生える。尾根筋や岩山など、土壌のやせたところや乾燥地にもよく育成する。高さ25m、直径1.2mほどになる。若いうちは円錐形、老木になると上部が扁平になり、独特な樹形となる。枯れ枝の基部は幹に残り、ヤニ分がたまって長く樹上にとどまる。樹皮は赤褐色。老木では赤味がかった灰色で、深い割れ目が生じる。新しい枝は黄褐色。葉は2葉性。長さ7〜12cm、横断面は半円形で幅0.7〜1.2mm。雌雄同株。新枝の基部に淡黄色の雄花が多数つき、先端に雌花が2〜3個つく。球果は長さ4〜5cmの卵形。種鱗はくさび形、露出部は菱形状。翌年の秋に熟すと、種鱗が開いて種子を散らす。種子は長さ4〜5mmで灰褐色。長さ1〜1.5cmの翼がある。花期は4〜5月。
冬芽はヤニに包まれ、鱗片は赤褐色。(樹に咲く花)
学名は、Pinus densiflora
マツ科マツ属
仲間にクロマツがあり、葉を握ると痛い。


2015年5月2日 雌花 美保関雌花はシュートの頂部につく。シュートの基部に去年の球果がついている。
アカマツ雄花 アカマツオ雄花 アカマツ雌花
雄花はシュートの基部につく。
アカマツ雄花 アカマツオ雄花 アカマツ
アカマツ



2008年5月4日 雄花 玉湯雄花はシュートの基部につく。雌花
アカマツ雄花 アカマツオ雄花 アカマツ雌花
雌花はシュートの先端につく。昨年開花した球果
アカマツ雌花 アカマツ球果
2008年4月27日 雄花の蕾 東忌部
アカマツ雄花 アカマツ雄花
2013年2月28日 果実 宍道球果には多数の種鱗が重なってつく。種鱗の内側に種子が2個ある。
アカマツ球果 アカマツ球果 アカマツ種子
種鱗に翼のある種子が2個ついている。種子は長さ約18mm、約13mmの翼がある。
アカマツ種子 アカマツ種子 アカマツ種子
裏側(種鱗に接していた側)種鱗を除いたもの。冬芽。
アカマツ種子 アカマツ種子 アカマツ冬芽
アカマツ葉 アカマツ枝 アカマツ樹皮
アカマツ
2006年3月11日 冬芽 東忌部
アカマツ冬芽 アカマツ葉 アカマツ樹皮
アカマツ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑