コナラ(小楢)

落葉高木
北海道〜九州の日当たりの良い山野に生える。高さ20m、直径60cmほどになる。雑木林では伐採後の萌芽で更新するため、数本の幹が株立ちしている個体が多い。樹皮は灰黒色。縦に不規則な裂目がある。老木になると深く裂け、裂け目と裂け目の間に若いときの白っぽい樹皮が帯状に残る。本年枝は細く、灰褐色〜淡褐色。はじめ絹毛が密生するが後に無毛となる。円い皮目が散生する。葉は互生。葉身は長さ5〜15cm、幅4〜6cmの倒卵形で、洋紙質。先端は鋭くとがり、基部はくさび形。ふちには大形のとがった鋸歯がある。表面は緑色、はじめ絹毛があるが、のち無毛になる。裏面は星状毛と絹毛が生えて灰白色。葉柄は長さ1cmほど。托葉は長さ7mmほどの倒披針形で褐色。開葉後まもなく落ちる。雌雄同株。葉の展開と同時に開花する。雄花序は長さ2〜6cm、新枝の下部から多数垂れ下がる。雄花の花被は直径1.5mmほどで、5〜7裂し、外側に軟毛が密生する。雄しべは4〜6個。雌花序はふつう短く、新枝の上部の葉腋から出て、小さな雌花が数個つく。雌花は軟毛が密生した総苞に包まれている。柱頭は3個。果実は堅果。長さ1.6〜2.2cmの長楕円形。その年の秋に熟す。下部は鱗片が瓦重ね状にびっしり並んだ殻斗におおわれる。花期は4月下旬。
冬芽は、頂芽は卵形。頂生側芽と呼ばれる同形の側芽が回りに集まる。芽鱗は20〜25個。葉痕は半円形。(樹に咲く花)
学名は、Quercus serrata
ブナ科コナラ属


2011年5月2日 3裂する雌花の柱頭 玉湯雌花は新枝の上部につく。
コナラ コナラ コナラ
雄花
コナラ コナラ コナラ
コナラ コナラ コナラ
コナラ コナラ コナラ



2010年5月1日 雌花 玉湯雄花
コナラ コナラ コナラ
コナラ コナラ コナラ
コナラ コナラ
2007年5月5日 雌花 東長江
コナラ コナラ
2005年5月8日 雄花 東忌部本年枝の上部に雌花がつく。
コナラ コナラ コナラ
コナラ
2006年6月3日 東忌部
コナラ コナラ コナラ
コナラ コナラ コナラ
2006年5月28日 幼果 運動公園
コナラ コナラ
2003年7月21日 幼果 運動公園
コナラ コナラ
2014年8月12日 若い果実 魚瀬下部は殻斗に包まれ、先端に花柱が残る。
コナラ果実 コナラ果実 コナラ果実
殻斗を含んで直径約1cm。先端に3裂した柱頭が残る。
コナラ果実 コナラ果実 コナラ葉
葉身は約13cm、葉柄は約1cm。裏面は灰白色。
コナラ葉 コナラ葉 コナラ葉裏面
裏面に毛がある。
コナラ葉裏面 コナラ葉裏面 コナラ樹皮
コナラ
2003年9月11日 果実 東出雲
コナラ コナラ コナラ
2006年10月28日 果実 東忌部
コナラ コナラ
2005年9月18日 果実 東忌部
コナラ コナラ コナラ
コナラ
2011年12月7日 紅葉 東忌部
コナラ コナラ コナラ
2010年12月1日 紅葉 東生馬
コナラ コナラ コナラ
コナラ
2011年4月24日 幼木の芽吹き 玉湯
コナラ コナラ コナラ
幼木の樹皮
コナラ コナラ コナラ
2011年3月5日 冬芽 矢田
コナラ コナラ コナラ
コナラ コナラ コナラ
コナラ コナラ
2011年3月5日 冬芽 幼木 矢田
コナラ コナラ コナラ
枯れ葉が落ちにくい。
コナラ コナラ コナラ
2005年12月30日 冬芽 運動公園
コナラ コナラ コナラ
2006年5月21日 乃白 虫えい(ナラハタイコタマフシ)かんべの里 虫えい(ナラメリンゴフシ)
ナラハタイコタマフシ ナラメリンゴフシ
2007年5月20日 虫えい(ナラハグキコブフシ?) 東忌部熊山 裏面揺籃(オトシブミ)
ナラハグキコブフシ ナラハグキコブフシ オトシブミ

2012年5月22日 八雲葉身は約13cm、葉柄は約1cm。鋸歯が非常に浅い。
コナラ コナラ コナラ
葉身は約8.5mm、葉柄は約0.5cm。
コナラ コナラ コナラ
幹は直径約90cm。
コナラ コナラ コナラ
コナラ

2008年5月17日 幼果 東持田鋸歯が小さく毛も少なくコナラらしくない。
コナラ コナラ コナラ
コナラ コナラ コナラ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑


他の画像を見る。