コイケマ(小生馬)

つる性多年草
関東以西〜九州の山地の林縁などのやや湿った所に生える。姿も生育環境も、イケマによく似ている。卵形の葉は対生し、長さ5〜10cm。葉柄は3〜6cmと小型。イケマは花序の柄が葉柄よりも長く、花序が突き出しているが、コイケマでは花序の柄が短いので、対生する葉の上に乗っているように見える。花冠の裂片はイケマではそり返るが、コイケマではそり返らずに斜上するのでやや地味である。茎を切ると白い乳液がでる。花期は7〜8月。(広島の山野草)
学名は、Cynanchum wilfordii
キョウチクトウ科イケマ属


2015年6月21日 島根花冠はほとんど開かない。
コイケマ花 コイケマ花 コイケマ
2014年7月9日  鹿島
コイケマ花 コイケマ蕾 コイケマ花序
コイケマ コイケマ



tr>
2014年6月30日 島根花冠はほとんど開かない。
コイケマ花 コイケマ花 コイケマ花
花冠(花弁)は緑色、5裂する。直径約5mm。花冠の1部を除いた。白いのは副花冠。
コイケマ花 コイケマ花 コイケマ花
中央のずい柱を白い花弁状の副花冠が取り巻く。花冠は長さ約6mm。
コイケマ花 コイケマ花 コイケマ花
花冠と副花冠を1部除いた。中央にずい柱があり、紫褐色の捕捉体が5個ある。中央の奥に雌しべの柱頭がある。
コイケマ花 コイケマ花 コイケマ花
白色のものは葯の覆い。葯の覆いを除くと、柱頭がある。柱頭が2個ある。
コイケマ花 コイケマ柱頭 コイケマ柱頭
捕捉体を引っ張ると花粉塊が出てくる。花粉塊は長さ約0.4mm、捕捉体は0.3mm。
コイケマ花 コイケマ花 コイケマ花
葉は長さ約6cm、先端は尾状に尖る。
コイケマ花 コイケマ葉 コイケマ葉
細毛がある。
コイケマ葉 コイケマ葉裏面 コイケマ葉裏面
葉は対生し、花序柄は葉柄とほぼ同長。茎や葉柄を切ると白い乳液が出る。
コイケマ乳液 コイケマ コイケマ
2012年8月5日 島根ほとんど花冠が開かない。
コイケマ花 コイケマ花 コイケマ花
花弁を除き、副花冠を反らしてみた。
コイケマ花 コイケマ葉 コイケマ
2012年7月31日 横手林道花弁はほとんど開かない。
コイケマ花 コイケマ花 コイケマ花
花は長さ約5mm。花冠裂片を除くと、白い副花冠とずい柱がある。
コイケマ花 コイケマ花 コイケマ花
黒い点は捕捉体。若い果実
コイケマ花 コイケマ果実 コイケマ果実
コイケマ葉 コイケマ葉 コイケマ葉
葉は対生する。
コイケマ葉裏面 コイケマ葉裏面 コイケマ葉
花序柄は葉柄より短いか同長。
コイケマ コイケマ
2016年10月19日 果実 島根果実は1面が裂けて種子がでる。
コイケマ果実 コイケマ果実 コイケマ果実
果実は長さ9〜12cm。種子には長さ約4cmの種髪がつく。
コイケマ果実 コイケマ果実 コイケマ種子
種子は長さ約7.5mm。種子の縁には翼がある。
コイケマ種子 コイケマ種子 コイケマ種子
種子の裏面には中心に向かい溝がある。種髪には刺はない。
コイケマ種子 コイケマ種髪 コイケマ
2014年9月14日 若い果実 鹿島果実は長さ4.5〜9cm。
コイケマ果実 コイケマ果実 コイケマ果実
果実の中に種髪のついた種子が詰まっている。種髪のついた種子。種髪は長さ約1.5cm。
コイケマ果実 コイケマ種子 コイケマ種子
種子は長さ約5mm、周辺に翼がある。
コイケマ種子 コイケマ
2016年9月1日 若い果実 島根
コイケマ果実 コイケマ果実 コイケマ
コイケマ葉 コイケマ
2015年8月4日 若い果実 美保関果序柄が短い。
コイケマ果実 コイケマ コイケマ
2010年7月21日  島根
コイケマ コイケマ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑