イワニガナ(岩苦菜)

多年草
日本全土の山野の日当たりのよいところに生える。細長い茎が地面をはい、ところどころで根を下ろしてふえる。葉は薄く、長い柄がある。葉身は長さ0.9〜3cm、幅0.8〜2.5cmの卵円形〜広卵形。花茎は高さ8〜15cmになり、直径2〜2.5cmの黄色の頭花を1〜3個つける。総苞は長さ0.8〜1cmの円柱形。内片は1列に並び、外片は小さい。そう果は4〜6mmの紡錘形。やや扁平で先が細長いくちばし状になる、別名ジシバリ。花期は4〜6月。(野に咲く花)
学名は、Ixeris stolonifera
キク科ノニガナ属
 よく似た花にオオジシバリがあるが、葉はへら形となる。


2011年5月7日 東長江
イワニガナ花 イワニガナ花 イワニガナ蕾
葉と葉柄がはっきりする。
イワニガナ葉 イワニガナ葉 イワニガナ葉
葉は丸いものも多い。
イワニガナ葉 イワニガナ イワニガナ
匍匐枝を出して増える。
イワニガナ匍匐枝 イワニガナ



2005年5月8日 西忌部
イワニガナ花 イワニガナ イワニガナ葉
匍匐枝を伸ばして増える。
イワニガナ匍匐枝
2003年11月8日 加茂
イワニガナ花 イワニガナ葉 イワニガナ
2004年11月13日 佐草
イワニガナ花 イワニガナ
2013年6月12日 果実 東忌部冠毛は長さ約5mm。
イワニガナ果実 イワニガナ果実 イワニガナ果実
冠毛には上向きの刺がある。
イワニガナ果実 イワニガナ冠毛 イワニガナ果実
果実は長さ約6mm、上部は長い嘴状になる。果実の表面にひだがある。果実の表面に短毛がある。
イワニガナ果実 イワニガナ果実 イワニガナ果実
果実は上向きの短毛が密生する。冠毛が開く前の果実。花は舌状花のみからなる。
イワニガナ果実 イワニガナ果実 イワニガナ花
花は直径約2.2cm。
イワニガナ花 イワニガナ花 イワニガナ花
葉には長い葉柄がある。
イワニガナ舌状花 イワニガナ葉 イワニガナ葉
葉身は長さ約2cm。
イワニガナ葉 イワニガナ葉裏面 イワニガナ
イワニガナ匍匐枝 イワニガナ
2005年5月28日 果実 八雲熊野
イワニガナ果実 イワニガナ果実
2009年9月26日 西忌部果実
イワニガナ花 イワニガナ果実 イワニガナ
イワニガナ
2012年7月31日 鹿島匍匐枝を伸ばして広がる。
イワニガナ葉 イワニガナ葉裏面 イワニガナ茎
イワニガナ イワニガナ
2003年11月6日 平田市
イワニガナ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑