イヌマキ(犬槇)

常緑高木
関東地方以西〜沖縄の海岸に近い山地に生える。きわめて耐陰性が強い。高さ20mほどになる。樹皮は灰白色。浅く裂けてはがれ落ちる。葉は互生。長さ10〜15cm、幅5〜10mmの広線形。表面は深緑色、裏面は淡緑色。縁は全縁で、主脈が目立つ。雌雄別株。雄花も雌花も葉腋につく。雄花は長さ約3cmの円柱形。雌花は長さ約1cmの花床の上につく。種子は直径約1cmのややいびつな球形で、基部には肉質の果床がつく。成熟するにつれて鱗片が肥大して種子を包み込む。10〜12月に熟すと果床は赤紫色になる。果床は食べられる。種子は枝についたまま発根することがある。花期は5〜6月。(樹に咲く花)
学名は、Podocarpus macrophyllus f. spontaneus
マキ科イヌマキ属
小型で葉が短く密生するラカンマキがあり、学名上はイヌマキはラカンマキの品種となる。
名前の似たものにコウヤマキがあるが、裏面に白色の気孔帯があり、別のコウヤマキ科の木本である。


2009年4月19日 幼木 宍道葉の裏面は気孔帯はなく、淡緑色。
イヌマキ イヌマキ イヌマキ
2010年7月31日 果実 植裁 西忌部葉は主脈が目立つ。
イヌマキ イヌマキ イヌマキ
葉の裏面に気孔帯はない。
イヌマキ イヌマキ イヌマキ
イヌマキ イヌマキ



2011年4月3日 下佐陀
イヌマキ イヌマキ イヌマキ
イヌマキ イヌマキ イヌマキ
イヌマキ イヌマキ イヌマキ
2007年2月4日 城山公園
イヌマキ イヌマキ イヌマキ
イヌマキ イヌマキ イヌマキ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑