ホウキギク(箒菊)

1年草
北アメリカ原産で、明治末期に大阪で発見された。現在では各地に雑草化している。茎はよく分枝し、高さ0.5〜1.2mになる。葉は基部から先端までほぼ同じ幅の線形で、基部は少し茎を抱く。頭花は直径5〜6mm。舌状花は白色、まれに淡紫色。冠毛は筒状花より長い。花が終わると冠毛はさらにのびて総苞の外につきでる。花期は8〜10月。(野に咲く花)
学名は、Symphyotrichum subulatum
キク科ホウキギク属
よく似たヒロハホウキギクは次の点で区別される。
・ヒロハの特徴として、
1 葉の幅は0.8-2.5cm。(ホウキは0.5〜1.0cm)
2 花序の枝は60°〜90°(ホウキは30°〜60°)で出開。
3 ヒロハは筒状花の冠毛が花筒より短い。
他に花が1cm以上あるオオホウキギクがある。


2014年10月1日 大井冠毛が見えている。花は直径約6mm。
ホウキギク花 ホウキギク花 ホウキギク花
冠毛が筒状花より長い。
ホウキギク花 ホウキギク花 ホウキギク花
葉の基部から先まで同幅。
ホウキギク冠毛 ホウキギク冠毛 ホウキギク葉
下部の葉(左)〜上部の葉(右)葉の基部はやや茎を抱く。
ホウキギク葉 ホウキギク茎 ホウキギク
ホウキギク



2014年9月11日 東長江冠毛が見える。花は長さ約7mm。
ホウキギク花 ホウキギク花 ホウキギク花
花は直径約5mm。冠毛は筒状花より長い。舌状花の冠毛。
ホウキギク花 ホウキギク花 ホウキギク花
筒状花の冠毛。果実の冠毛。
ホウキギク花 ホウキギク果実冠毛 ホウキギク果実冠毛
冠毛は長さ約6mm。果実は長さ約1.8mm。果実には上向きの毛がある。
ホウキギク果実冠毛 ホウキギク果実 ホウキギク果実
冠毛には上向きの刺がある。葉の基部から先までほぼ同幅。葉は茎を抱く。
ホウキギク冠毛 ホウキギク葉 ホウキギク茎
ホウキギク花序 ホウキギク
2005年9月24日 玉湯冠毛が花筒より長い。葉が細く等幅。
ホウキギク花 ホウキギク花 ホウキギク葉
葉の基部は茎を抱く。
枝の開出角度が狭い。
ホウキギク茎 ホウキギク ホウキギク
2005年9月10日 乃白葉が細く、同じ幅が続く
ホウキギク花 ホウキギク ホウキギク
枝の開出角度が狭い。
ホウキギク ホウキギク
2005年9月10日 八雲冠毛が筒状花より長い。葉が細い
ホウキギク ホウキギク ホウキギク
枝の開出角度が狭い
ホウキギク
2010年7月18日 大井
ホウキギク ホウキギク ホウキギク
ホウキギク
2010年5月4日 種名 不明 一度刈られたために、花期を間違えたのか。 末次
ホウキギク ホウキギク ホウキギク


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑