ヒロハホウキギク(広葉箒菊)

1年草
北アメリカ原産で、ホウキギクの基本種。1960年代に北九州で気づかれ、現在では本州の中部以西の各地に広がり、ところによってはホウキギクより多い。ホウキギクに似ているが、枝が横に広がり、頭花は直径7〜9mmと大きく、葉は幅が広く、先端がとがり、基部は茎を抱かない。冠毛は筒状花より短い。花期は8〜10月。(野に咲く花)
学名は、Symphyotrichum subulatum var. sandwicensis
キク科ホウキギク属
よく似たホウキギクは次の点で区別される。
・ヒロハの特徴として、
1 葉の幅は0.8-2.5cm。(ホウキは0.5〜1.0cm)
2 花序の枝は60°〜90°(ホウキは30°〜60°)で出開。
3 ヒロハは筒状花の冠毛が花筒より短い。
他に花が1cm以上あるオオホウキギクがある。


2014年8月18日 鹿島
ヒロハホウキギク花 ヒロハホウキギク花 ヒロハホウキギク花
総苞の長さ約6mm。花は直径約8mm、冠毛は目立たない。
ヒロハホウキギク花 ヒロハホウキギク花 ヒロハホウキギク花
舌状花(上)と筒状花(下)。冠毛は筒状花より短い。筒状花は子房を含め長さ約5mm。
ヒロハホウキギク花 ヒロハホウキギク花 ヒロハホウキギク葉
葉は中央部が広くなる。葉は長さ約16cm、幅約1.5cm。葉の裏面。
ヒロハホウキギク葉 ヒロハホウキギク葉 ヒロハホウキギク葉裏面
葉の基部はやや茎を抱く。
ヒロハホウキギク茎 ヒロハホウキギク ヒロハホウキギク



2010年10月27日 玉湯花終に花弁が外に巻き込む。
ヒロハホウキギク ヒロハホウキギク ヒロハホウキギク
ヒロハホウキギク
2005年8月20日 八雲葉は中央部が広くなる。枝の開出角度が大きい。
ヒロハホウキギク ヒロハホウキギク ヒロハホウキギク
ヒロハホウキギク ヒロハホウキギク
2006年10月22日 宍道 葉の広さ、冠毛の長さからヒロハとするが、枝の分岐状態はホウキギクを思わせる。
ヒロハホウキギク ヒロハホウキギク ヒロハホウキギク
ヒロハホウキギク ヒロハホウキギク ヒロハホウキギク
2005年8月28日 乃白
ヒロハホウキギク ヒロハホウキギク ヒロハホウキギク
2004年8月28日 乃白
ヒロハホウキギク ヒロハホウキギク ヒロハホウキギク
2003年9月23日 乃白
ヒロハホウキギク ヒロハホウキギク


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑