ホソバヤハズエンドウ(細葉矢筈豌豆)

越年草
本州〜九州。葉は細長く長さ15〜25mm、幅2〜4mmで先は凹頭とならず、花もやや小さい。(原色日本植物図鑑)
学名は、Vicia sativa subsp. nigra var. minor
マメ科ソラマメ属
よく似たものにヤハズエンドウ(カラスノエンドウ)がある。小葉が狭倒卵形で先端が少しくぼむ。


2006年6月3日 花はヤハズエンドウより小さい。 東忌部
ホソバヤハズエンドウ ホソバヤハズエンドウ ホソバヤハズエンドウ

托葉には花外蜜腺がある。小葉は線形で先端が凹まずとがる。
ホソバヤハズエンドウ ホソバヤハズエンドウ ホソバヤハズエンドウ
ホソバヤハズエンドウ



2009年5月6日 果実 玉湯葉は細く先が凹まない。
ホソバヤハズエンドウ ホソバヤハズエンドウ ホソバヤハズエンドウ
ホソバヤハズエンドウ ホソバヤハズエンドウ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑