ホソアオゲイトウ(細青鶏頭)

1年草
南アメリカ原産。明治時代に日本に入り、市街地の道ばたや荒れ地に帰化している。茎は赤みを帯びることが多く、高さ0.8〜2mになる。若い枝や葉には軟毛がある。葉は互生し、長さ5〜12cmの菱状卵形で先はとがり、長い柄がある。茎の先や葉腋に緑色の花穂が多数つく。花穂には雄花、雌花、両性花がまじってつく。花は花被片よりやや長い苞に包まれている。苞の先は芒状にとがる。花被片は5個。胞果は長さ約2mmで、熟すと横に裂ける。花期は7〜11月。(野に咲く花)
学名は、Amaranthus hybridus
ヒユ科ヒユ属
花穂が紫色になるものがあり、ムラサキアオゲイトウと呼ばれる。


2011年9月28日 西川津
ホソアオゲイトウ ホソアオゲイトウ ホソアオゲイトウ
ホソアオゲイトウ ホソアオゲイトウ ホソアオゲイトウ
ホソアオゲイトウ ホソアオゲイトウ ホソアオゲイトウ
ホソアオゲイトウ ホソアオゲイトウ ホソアオゲイトウ
ホソアオゲイトウ



2008年10月4日 西川津
果実は花被より長く、披針形の苞がつく。
ホソアオゲイトウ ホソアオゲイトウ ホソアオゲイトウ
種子は直径約1mm。
ホソアオゲイトウ ホソアオゲイトウ ホソアオゲイトウ
ホソアオゲイトウ ホソアオゲイトウ ホソアオゲイトウ
ホソアオゲイトウ
2009年8月8日 下佐陀
ホソアオゲイトウ ホソアオゲイトウ ホソアオゲイトウ
ホソアオゲイトウ ホソアオゲイトウ
2003年10月4日 乃白
ホソアオゲイトウ ホソアオゲイトウ ホソアオゲイトウ
ホソアオゲイトウ
2004年8月12日 上東川津
ホソアオゲイトウ ホソアオゲイトウ ホソアオゲイトウ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑