ホナガイヌビユ(穂長犬覓)

1年草
熱帯の原産。本州〜沖縄に生える。茎は立ち高さは50〜90cmで無毛。葉は長柄があり、菱状卵形または卵形、鈍頭または微凸頭。花は頂生または上部の葉腋からでる細長い穂状花序につく。苞は卵形または披針形で鋭頭、花被より短い。花被は長楕円形で尾状に尖り、1〜1.5mm。胞果はしわが著しく、花被より少し長い。種子は直径1mm。別名アオビユ。花期は6〜9月
学名は、Amaranthus viridis
ヒユ科ヒユ属
よく似たイヌビユは葉先が凹む。


2011年10月12日 西長江
ホナガイヌビユ ホナガイヌビユ ホナガイヌビユ
果実。果皮はしわが多い。種子は直径約1mm。
ホナガイヌビユ ホナガイヌビユ ホナガイヌビユ
ホナガイヌビユ ホナガイヌビユ ホナガイヌビユ
ホナガイヌビユ ホナガイヌビユ ホナガイヌビユ
ホナガイヌビユ



2009年8月8日 下佐陀
ホナガイヌビユ ホナガイヌビユ ホナガイヌビユ
ホナガイヌビユ ホナガイヌビユ ホナガイヌビユ
2004年8月14日 上乃木葉先はあまり凹まない。
ホナガイヌビユ ホナガイヌビユ ホナガイヌビユ
ホナガイヌビユ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑