イヌビユ(犬覓)

1年草
原産地は不明。江戸時代には日本にも入っていた。各地の畑や道ばたなどに生える。根元から分枝して斜めに立ち上がり、高さ約30cmになる。茎葉しばしば紫褐色を帯びる。葉は互生し、長さ1〜5cmの菱状卵形で、先は凹む。茎の先や葉腋に緑色の花穂をつける。花穂には雄花と雌花がまじってつく。苞は花被片より短くて先がとがらず、目立たない。花被片は3個。胞果は扁平、成熟しても緑色で、果皮は薄くかたくならない。花期は6〜11月。(野に咲く花)
学名は、Amaranthus lividus var. ascendens
ヒユ科ヒユ属
よく似たものに、ホナガイヌビユがあるが、葉先があまり凹まない。


2011年8月10日 宍道
イヌビユ花穂 イヌビユ花穂 イヌビユ果実
イヌビユ果実 イヌビユ イヌビユ葉
葉身は長さ約6cm。葉先が凹む。
イヌビユ葉 イヌビユ葉 イヌビユ葉裏面
イヌビユ茎 イヌビユ イヌビユ



2010年10月20日 東出雲葉先が凹む。
イヌビユ花穂 イヌビユ花穂 イヌビユ葉
イヌビユ イヌビユ
2010年9月29日 西川津
イヌビユ花穂 イヌビユ果実 イヌビユ
葉先が凹む。
イヌビユ葉 イヌビユ葉 イヌビユ
イヌビユ
2009年9月26日 西忌部葉先は凹む。
イヌビユ花穂 イヌビユ葉 イヌビユ葉裏面
イヌビユ茎 イヌビユ イヌビユ
果皮はしわがある。果皮は硬化せず、種子は黒色で光沢がある。
イヌビユ果実 イヌビユ種子
2003年9月23日 乃白葉先は凹む。茎は紫色を帯びる。
イヌビユ花穂 イヌビユ葉 イヌビユ茎
イヌビユ イヌビユ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑