ホコガタアカザ(鉾形藜)

1年草
ヨーロッパ原産。1945年に東京で気づかれ、海岸の裸地や海岸埋立地に群生する。高さ20〜80cm。茎はよく分岐し、下方の枝は茎から直角にでる。若い部分の葉,茎は白色の粉状粒におおわれる。葉は下部では対生,上部では互生。有柄で下部の葉は正三角形に近く、上部のものほど細長くなる。雌雄同株で雌雄の花は混在して穂を作る。花期は9〜11月。(日本帰化植物写真図鑑)
学名は、Atriplex hastata
ヒユ科ハマアカザ属
よく似た仲間にハマアカザがあり、葉が三角状卵形で基部がくさび形となる。


2010年10月11日 島根表面に突起や、縁に歯牙がある。
ホコガタアカザ ホコガタアカザ ホコガタアカザ
ホコガタアカザ ホコガタアカザ ホコガタアカザ
ホコガタアカザ ホコガタアカザ ホコガタアカザ



2010年10月6日 美保関
ホコガタアカザ ホコガタアカザ ホコガタアカザ
ホコガタアカザ ホコガタアカザ ホコガタアカザ
2007年6月10日 島根加賀
ホコガタアカザ ホコガタアカザ ホコガタアカザ

下部の枝は直角に出る。
ホコガタアカザ ホコガタアカザ ホコガタアカザ
2011年7月23日 鹿島上の葉はハマアカザ。ホコガタアカザの下部の葉はほとんど正三角形。
ホコガタアカザ ホコガタアカザ ホコガタアカザ
上の葉はハマアカザハマアカザの葉の裏面
ホコガタアカザ ホコガタアカザ ハマアカザ
ハマアカザの全体
ホコガタアカザ ハマアカザ
2011年7月6日 美保関
ホコガタアカザ ホコガタアカザ ホコガタアカザ
ホコガタアカザ ホコガタアカザ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑