ヒメコウガイゼキショウ(姫笄石菖)

1年草
全国各地の湿った畑や道端等に生える。茎は叢生し高さ8〜30cm、葉は細くやや扁平で溝があり、茎よりは短い。花はまばらに凹集散花序につき、苞は葉状で花序の枝より短い。小苞は卵形、白膜質で長さ約1.5mm。花被片は披針形、鋭尖頭、中肋部は淡緑色でふちは広く白膜質、外片3個は長さ4〜5mm、内片3個は少し短い。雄しべは6個、葯は花糸の1/2〜1/3。果実は3稜状長楕円形で褐色、光沢があり、花被片より少し短い。種子は長さ約0.6mm、鉄さび色。花期は6〜9月。(原色日本植物図鑑)
学名は、Juncus bufonius
イグサ科イグサ属
最近、部分帰化とみなされるものが各地の宅地、荒地、河川敷で見られるという。
クサイに似るがクサイはより大型で、花序の最下苞が花序より長く、内花被片と外花被片がほぼ同長。


2015年5月21日 打出花が枝にまばらにつく。
ヒメコウガイゼキショウ ヒメコウガイゼキショウ ヒメコウガイゼキショウ
外花被片が8.5mmあるもの。外花被片は長さ約4.5mm。
ヒメコウガイゼキショウ ヒメコウガイゼキショウ ヒメコウガイゼキショウ
小苞は卵形、長さ約2mm。花被片の中に果実がある。果実は長さ約3mm。
ヒメコウガイゼキショウ ヒメコウガイゼキショウ ヒメコウガイゼキショウ
1果実に入っていた種子、約70個。種子は長さ約0.3mm。
ヒメコウガイゼキショウ ヒメコウガイゼキショウ ヒメコウガイゼキショウ
苞は短い。葉は茎より短い。葉は細く偏平で上面に溝がある。
ヒメコウガイゼキショウ ヒメコウガイゼキショウ ヒメコウガイゼキショウ
葉は幅約0.5mm、上面の溝。葉鞘は筒状にならない。茎は長さ約15cm。
ヒメコウガイゼキショウ ヒメコウガイゼキショウ ヒメコウガイゼキショウ
路肩に密生している。
ヒメコウガイゼキショウ ヒメコウガイゼキショウ ヒメコウガイゼキショウ


2014年5月22日 果実 平成
ヒメコウガイゼキショウ果序 ヒメコウガイゼキショウ果実 ヒメコウガイゼキショウ果序
果実は花被片より短い。外花被片は長さ約6mm、内花被片は少し短い。果実は長楕円形、長さ約4mm。
ヒメコウガイゼキショウ果実 ヒメコウガイゼキショウ果実 ヒメコウガイゼキショウ果実
果実の縦断面、3室ある。1個の果実に入っていた種子、78個。
ヒメコウガイゼキショウ果実 ヒメコウガイゼキショウ種子 ヒメコウガイゼキショウ種子
種子は長さ0.4〜0.5mm。網状の模様がある。最下の苞は花序より短い。
ヒメコウガイゼキショウ種子 ヒメコウガイゼキショウ種子 ヒメコウガイゼキショウ果序
草丈は約11cm。
ヒメコウガイゼキショウ ヒメコウガイゼキショウ ヒメコウガイゼキショウ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑