ヒメキンミズヒキ(姫金水引)

多年草
北海道〜九州の山地の谷沿いなどに生える。高さ40〜80cm。茎は細い。葉は3〜5小葉の羽状複葉で、小葉は楕円形、鈍鋸歯がある。葉裏の腺点は少ない。花は直径約5mm、花弁は細い。萼筒は倒円錐形で、萼裂片はそり返る。伏毛が多い。果時の萼筒も小さい。花期は8〜9月。(山に咲く花)
学名は、Agrimonia nipponica
バラ科キンミズヒキ属
キンミズヒキは、花の径が8〜10mmで、雄しべの数が10〜13本、花弁の幅が広く、果実は直径4mmほど。また小葉が5〜11枚で、先端が尖っていることからも本種と区別される。


2011年9月18日 東忌部果実 萼筒の縁にカギ状の刺が多い。
ヒメキンミズヒキ花 ヒメキンミズヒキ果実 ヒメキンミズヒキ花序
小葉は先端の3枚が大きく、小さな2枚の小葉がつく。
ヒメキンミズヒキ葉 ヒメキンミズヒキ葉 ヒメキンミズヒキ



2011年9月7日 西谷
ヒメキンミズヒキ花 ヒメキンミズヒキ花 ヒメキンミズヒキ花序
葉柄の付け根に小さな托葉がある。
ヒメキンミズヒキ葉 ヒメキンミズヒキ托葉 ヒメキンミズヒキ葉
ヒメキンミズヒキ葉 ヒメキンミズヒキ葉裏面 ヒメキンミズヒキ
2004年10月11日 佐草
ヒメキンミズヒキ花 ヒメキンミズヒキ花
2009年8月15日 東忌部花弁は細く、雄しべは5〜6本と少ない。
ヒメキンミズヒキ花 ヒメキンミズヒキ花 ヒメキンミズヒキ花序
小葉の先端は尖らず丸みがある。
ヒメキンミズヒキ葉 ヒメキンミズヒキ葉 ヒメキンミズヒキ托葉
ヒメキンミズヒキ茎 ヒメキンミズヒキ
2006年8月26日 玉湯
ヒメキンミズヒキ花 ヒメキンミズヒキ花 ヒメキンミズヒキ花
先端の3枚が大きく、あとは小さな葉がつく。
葉柄の付け根に托葉がある。
ヒメキンミズヒキ葉 ヒメキンミズヒキ葉裏面 ヒメキンミズヒキ托葉
2004年9月28日 佐草
葉柄の付け根に托葉がある。
ヒメキンミズヒキ花 ヒメキンミズヒキ花序 ヒメキンミズヒキ托葉
ヒメキンミズヒキ葉
2005年8月14日 宍道
ヒメキンミズヒキ花 ヒメキンミズヒキ花 ヒメキンミズヒキ葉
ヒメキンミズヒキ葉
2012年11月19日 果実 美保関
ヒメキンミズヒキ果実 ヒメキンミズヒキ果実 ヒメキンミズヒキ果序
萼の直径約2.5mm(刺を除く)。
ヒメキンミズヒキ果実 ヒメキンミズヒキ果実 ヒメキンミズヒキ葉
ヒメキンミズヒキ果序 ヒメキンミズヒキ
2012年11月3日 果実 大東萼の直径約2.5mm(刺を除く)。果実は長さ約2mm。
ヒメキンミズヒキ果実 ヒメキンミズヒキ果実 ヒメキンミズヒキ果実
小葉の先端は尖らず、大きな小葉が3枚、小さな小葉が2枚ある。
ヒメキンミズヒキ葉 ヒメキンミズヒキ葉裏面 ヒメキンミズヒキ葉
ヒメキンミズヒキ果序 ヒメキンミズヒキ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑